サンクト・ペテルブルク発 〓 ネトレプコ、「白夜の星音楽祭」に出演

2022/04/12

ソプラノ歌手のアンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)が古巣、サンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場に出演することになった。彼女のエージェントが発表したもので、劇場が5月から7月にかけて行う「白夜の星音楽祭」に出演する。詳細は発表されていないが、劇場側も出演自体は認めている。

ネトレプコは3月30日、Facebookへの投稿を通じて、ロシアのウクライナ侵略によって生じた戦争を非難、また、プーチン大統領との関係についても否定する声明を発表した。これに対して、ノボシビルスクの国立オペラ・バレエ劇場が翌31日、6月2日に予定されていた彼女のコンサートの中止を発表した。

劇場側は声明で「昨日、アーティストが我が国の行動を非難する声明を発表した。ヨーロッパに住むこと、ヨーロッパの会場で演奏する機会が、彼女にとって祖国の運命よりも重要であることが判明した」と厳しく非難。また、4月1日にはヴャチェスラフ・ヴォロージン下院議長が「裏切り以外の何ものでもない」と批判しており、ロシアでの出演が難しくなったとみられていた。

ネトレプコは1971年、ロシア南部クラスノダール生まれの生まれの50歳。サンクト・ペテルブルク音楽院は母校で、マリインスキー劇場はまさに古巣。若くして芸術監督に就任し、劇場の立て直しに奮闘していたワレリー・ゲルギエフに抜擢されてその舞台を踏んだことが、その後の国際的な成功に繋がった。

そのゲルギエフは緊密な関係を築いてきたプーチン大統領によるウクライナ侵略についてはいまだに沈黙を守り、そのためミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者をはじめとする海外の職をすべて解任され、国外での演奏の場をほぼ失っている。

イタリア・ヴェローナ音楽祭は先日のスケジュール発表で、ネトレプコの《アイーダ》と《トゥーランドット》への出演を確認されたことから、プーチン政権批判に転じたとみられたが、古巣への出演は、西ヨーロッパや米国ではゲルギエフ、ひいてはプーチン大統領への“再接近”と受けとめられることは確実で、今後の活躍の場を決定的に狭めることになりそうだ。

写真:Royal Opera House / Bill Cooper


 [関連記事]

■■■ ニューヨーク発 〓 カーネギーホールとウィーン・フィルが指揮者交代で同意、ロシアのウクライナ進攻でゲルギエフ降板

■■■ ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがゲルギエフに加え、ネトレプコの今後の出演をキャンセル

■■■ ミュンヘン発 〓 ミュンヘン市長もゲルギエフに“最後通牒”、ロシアのウクライナ進攻めぐり

■■■ ロッテルダム発 〓 音楽界でウクライナへの連帯表明広がる、ロッテルダム・フィル、バーデン=バーデン音楽祭もゲルギエフにプーチン大統領との決別を要求

■■■ ニューヨーク発 〓 カーネギーホールがゲルギエフに“追加制裁”、5月のマリインスキー管との公演もキャンセル

■■■ ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場のゲルブ総裁がプーチン大統領を支援する芸術家、大統領の支援を受ける芸術家や組織との関係を断ち切ると発言

■■■ リガ発 〓 リガ・ユールマラ音楽祭が中止を発表。ロシアのウクライナ武力侵攻、ゲルギエフ絡みで

■■■ ルツェルン発 〓 ルツェルン音楽祭がゲルギエフ&マリインスキー劇場管弦楽団のコンサートをキャンセル

■■■ ヴェルビエ発 〓 ゲルギエフがヴェルビエ音楽祭オーケストラの音楽監督を辞任

■■■ ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルもゲルギエフとの「関係を終了」と発表

■■■ ミュンヘン発 〓 ミュンヘン市長がゲルギエフを解職

■■■ モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の総支配人らモスクワの芸術家がプーチン大統領に「ウクライナでの特殊作戦」停止を求める請願書を提出

■■■ ミラノ発 〓 スカラ座もゲルギエフを解任、《スペードの女王》の指揮は27歳のティムール・ザンギエフに交代

■■■ モスクワ発 〓 ロシアのヴャチェスラフ・ヴォロージン下院議長がウクライナ侵略の停止をプーチン大統領に求めた文化人たちを批判

■■■ モスクワ発 〓 プーチン大統領がゲルギエフに対し、ボリショイ、マリインスキーの両方を統括するポストを打診

■■■ ウィーン発 〓 ネトレプコがロシアのウクライナ侵略に反対、プーチン大統領との関係を否定する声明

■■■ ノボシビルスク発 〓 ネトレプコのロシアでの公演中止へ、戦争批判声明への“報復”か?

■■■ ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表、ネトレプコが出演


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ストックホルム発 〓 2022年の「ビルギット・ニルソン賞」にヨーヨー・マ

  2. バーデン=バーデン発 〓 ベルリン・フィルがバーデン=バーデン・イースター音楽祭との契約を延長

  3. チューリッヒ発 〓 世界的な「ロシア・ボイコット」の広がりで、ロシア・ナショナル響のスイス・ツアーは中止に

  4. 台北発 〓 準・メルクルが台湾の国家交響楽団の芸術顧問に

  5. フランクフルト発 〓 ドイツの歌劇場再開は6月以降

  6. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が首席客演指揮者にジェンマ・ニュー

  7. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  8. チューリッヒ発 〓 トーンハレが9月にリニューアル・オープン

  9. ベルリン発 〓 ドナルド・ラニクルズがベルリン・ドイツ・オペラとの契約を延長

  10. パリ発 〓 ニコール・カー、エティエンヌ・デュピュイ夫妻がフリーのアーティストを支援するファンドを設立

  11. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが新作の《トスカ》と《魔弾の射手》の無料ストリーミングを開始

  12. ハンブルク発 〓 ハンブルク・バレエ団がマカオ公演をキャンセル

  13. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  14. 東京発 〓 2020年度の分配額が過去最高の1206億円、日本音楽著作権協会

  15. 訃報 〓 ジョセフィン・ヴィージー, 英国のメゾ・ソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。