モスクワ発 〓 ミハイル・プレトニョフの後任にアレクサンドル・ルディン、ロシア・ナショナル管の音楽監督

2022/10/14

ロシアのメディアが13日、ロシア・ナショナル管弦楽団(Russian National Orchestra)の新しい音楽監督にアレクサンドル・ルディン(Alexander Rudin)が就任すると報じた。

オーケストラは創設者のミハイル・プレトニョフ(Mikhail Pletnev)が長く音楽監督を務めてきたが、ロシア当局によって活動の機会を奪われたことから、本人は2021年にスイスへ出国。この9月、スロヴァキアの首都ブラティスラヴァを拠点に新しいオーケストラ「ラフマニノフ国際オーケストラ」の創設を明らかにしている

ルディンは1960年、モスクワ生まれの62歳。グネーシン音楽大学でピアノとチェロを学んだ後、モスクワ音楽院でドミトリー・キタエンコに指揮法を師事した。1982年のチャイコフスキー国際コンクールのチェロ部門で第2位を獲得して国際的な活動を展開してきた。

その後、ヴィオラ・ダ・ガンバを使った古楽やバロック音楽にも取り組み、1988年からはモスクワを拠点とする室内オーケストラ「ムジカ・ヴィーヴァ」の指揮者を務め、母校モスクワ音楽院の室内楽の教授も務めている。

写真:IRNA


関連記事

  1. ウィーン発 〓 アンドレス・オロスコ=エストラーダがウィーン響の首席指揮者を突然辞任

  2. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  3. デュッセルドルフ発 〓 アルペシュ・チャウハンがデュッセルドルフ交響楽団の首席客演指揮者に

  4. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  5. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場に新総裁、ムーティ招聘への布石?

  6. モスクワ発 〓 ワシリー・ペトレンコがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督を辞任

  7. ホノルル発 〓 ハワイ・オペラ・シアターが2020/2021シーズンの断念を発表

  8. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  9. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  10. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送交響楽団との契約を延長

  11. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  12. フランクフルト発 〓 ドイツの歌劇場再開は6月以降

  13. ラヴェンナ発 〓 イタリアで劇場閉鎖相次ぐ

  14. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  15. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、岡本誠司が優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。