ウィーン発 〓 アンドレス・オロスコ=エストラーダがウィーン響の首席指揮者を突然辞任

2022/04/12
【最終更新日】2022/04/13

アンドレス・オロスコ=エストラーダ(Andrés Orozco-Estrada)がウィーン交響楽団の首席指揮者を辞任した。エージェントが発表したもので、それによると、「オーケストラの芸術監督との間に、長年に乗り越えられない相違がある」ため。

首席指揮者に就任したのは2020/2021シーズンから。ウィーン国立歌劇場の音楽監督に転出したフィリップ・ジョルダンの後を受けたもので、就任からまだ1年あまり過ぎたところ。現地の報道によると、3月末に開かれた楽団員の総会で、2025年に最初の任期が切れた後は契約延長せず、を決定。それをウィーン市の文化大臣と本人に連絡したところ、オロスコ=エストラーダ側が激怒、即刻辞任となったという。

オロスコ=エストラーダは1977年、コロンビア第二の都市で西部の中心地メデジン生まれの44歳。ウィーン国立音楽大学で学んだ後、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団(2009 – 2015)、フランクフルト放送交響楽団の首席指揮者(2014 – 2021)を歴任、2015年からヒューストン交響楽団の音楽監督を務めている。

写真:Werner Kmetitsch


関連記事

  1. ロッテルダム発 〓 音楽界でウクライナへの連帯表明広がる、ロッテルダム・フィル、バーデン=バーデン音楽祭もゲルギエフにプーチン大統領との決別を要求

  2. ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はフランツ・ウェルザー=メスト

  3. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2022シーズンのラインナップを発表

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が新シーズンの開幕に先立ち、「9.11同時多発テロ」犠牲者追悼コンサート

  5. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  6. モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

  7. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  8. ベルリン発 〓 作曲家のジョン・ウィリアムズが指揮者として今度はベルリン・フィルにデビュー

  9. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  10. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭、2021年のスケジュールを発表

  11. カーディフ発 〓 BBCカーディフ国際声楽コンクールで韓国出身のキム・ギフンが優勝

  12. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレの芸術監督に演出家のイヴォ・ヴァン・ホーヴェ

  13. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  15. ロンドン発 〓 ソプラノのヨンチェヴァがウィグモアホールへの出演をツイッターで訂正

    • Tox

    長年乗り越えられない相違って何かな?
    ウィーンは差別的な面もある街から事情は複雑だろうな。
    ORF1のradioで聴いたこのコンビの演奏はなかなか良かったのでエストラーダの辞任は残念ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。