ウィーン発 〓 アンドレス・オロスコ=エストラーダがウィーン響の首席指揮者を突然辞任

2022/04/12
【最終更新日】2022/04/13

アンドレス・オロスコ=エストラーダ(Andrés Orozco-Estrada)がウィーン交響楽団の首席指揮者を辞任した。エージェントが発表したもので、それによると、「オーケストラの芸術監督との間に、長年に乗り越えられない相違がある」ため。

首席指揮者に就任したのは2020/2021シーズンから。ウィーン国立歌劇場の音楽監督に転出したフィリップ・ジョルダンの後を受けたもので、就任からまだ1年あまり過ぎたところ。現地の報道によると、3月末に開かれた楽団員の総会で、2025年に最初の任期が切れた後は契約延長せず、を決定。それをウィーン市の文化大臣と本人に連絡したところ、オロスコ=エストラーダ側が激怒、即刻辞任となったという。

オロスコ=エストラーダは1977年、コロンビア第二の都市で西部の中心地メデジン生まれの44歳。ウィーン国立音楽大学で学んだ後、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団(2009 – 2015)、フランクフルト放送交響楽団の首席指揮者(2014 – 2021)を歴任、2015年からヒューストン交響楽団の音楽監督を務めている。

写真:Werner Kmetitsch


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 米国のエンタメ・サイト、メトロポリタン歌劇場の次シーズンをスクープ !?

  2. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  3. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ(84)ジョージア出身の作曲家

  4. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管のコンサートマスターにアンドレア・オビソ

  5. 訃報 〓 斎藤雅広(62)日本のピアニスト

  6. サンディエゴ発 〓 指揮者ラファエル・パヤーレがサンディエゴ響との契約を更新

  7. ラス・パルマス発 〓 グラン・カナリア・フィルが首席指揮者のカレル・マーク・チチョンとの契約を延長

  8. ベルリン発 〓 大統領主催のウクライナのための連帯コンサートの指揮者に沖澤のどか。急病のペトレンコの代役で

  9. 香港発 〓 指揮者のズヴェーデンが香港フィルとの契約を延長

  10. 東京発 〓 新国立劇場が2022/2023シーズンの新制作、ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》を無料ストリーミング配信

  11. ロンドン発 〓 「グラモフォン・アワード2019」の年間賞など発表

  12. パリ発 〓 パリ国立オペラが総監督のニーフとの契約を更改、2031/2032シーズン終了まで任期延長

  13. ラス・パルマス発 〓 グラン・カナリア・フィルが首席指揮者兼芸術監督のカレル・マーク・チチョンとの契約を延長

  14. ハノーファー発 〓 名門レーベル「ドイツ・グラモフォン」がヨアナ・マルヴィッツと契約、女性指揮者は二人目

  15. ザルツブルク発 〓 モーツァルテウム管の次期首席指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

    • Tox

    長年乗り越えられない相違って何かな?
    ウィーンは差別的な面もある街から事情は複雑だろうな。
    ORF1のradioで聴いたこのコンビの演奏はなかなか良かったのでエストラーダの辞任は残念ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。