カラカス発 〓 「エル・システマ」がギネス記録に挑戦、12,000人が会する超ド級演奏会

2021/11/14

出演者の世界記録を更新ー。ベネズエラの音楽教育システム「エル・システマ」が11月13日夜、出演者が12,000人を数える一大演奏会を首都カラカスで開催、出演者数のギネス記録に挑戦した。

演奏会が行われたのは国立音楽社会行動センターのシモン・ボリバル・ホール。演奏会には12歳から60歳までの音楽館が参集、アンドレ・デビッド・アスカニオら複数の指揮者がチャイコフスキーのスラブ行進曲や合唱曲を演奏した。

オーケストラの演奏会の出演者数の過去最多記録は、2019年にサンクト・ペテルブルクでロシアの国歌を演奏した演奏会が持っており、その数は8,097人だった。

「エル・システマ」の世界記録への挑戦は、実はこれが2回目。1回目は2019年に10,071人を集め、前年に亡くなったシステムの創設者ホセ・アントニオ・アブレウ博士の追悼演奏会を行っていた。

しかし、これは手続きの不備でギネス記録として公認されず、今回は改めてのチャレンジ。全土から集まる参加者のため430台のバスが用意され、400人のボランティアがコンサート開催のためのガイドの任に就いたという。さて、認定はいかに。

写真:El Sistema

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ワルシャワ発 〓 ショパン国際ピアノ・コンクール、予選を再度延期

  2. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  3. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  4. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏会を再開

  5. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭の開催の最終判断は5月20日に

  6. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクが正式にベルリン・フィルのコンサートマスターに

  7. 訃報 〓 カーライル・フロイド, アメリカの作曲家

  8. ミュンヘン発 〓 マーリス・ペーターゼン、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  9. プラハ発 〓 プラハ放送交響楽団の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  10. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  11. ロンドン発 〓 指揮者のドナルド・ラニクルズに「サー」の称号

  12. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  13. ケルン発 〓 ケルン放送管の首席指揮者にフランク・ストローベル

  14. スウォンジー発 〓 ブリン・ターフェルが再婚

  15. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。