ノボシビルスク発 〓 ネトレプコのロシアでの公演中止へ、戦争批判声明への“報復”か?

2022/04/01

ロシア・ノボシビルスクにある国立オペラ・バレエ劇場は、6月2日に予定されていたスター・ソプラノ歌手アンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)のコンサートを「ロシアの行動を非難した」ことを理由に中止すると発表した。

ネトレプコは3月30日、Facebookへの投稿を通じて、ロシアのウクライナ侵略によって生じた戦争を非難、また、プーチン大統領との関係についても否定する声明を発表している

劇場の決定はこの声明に対するプーチン政権の“報復”とみられ、声明で「昨日、アーティストが我が国の行動を非難する声明を発表した。ヨーロッパに住むこと、ヨーロッパの会場で演奏する機会が、彼女にとって祖国の運命よりも重要であることが判明した」と、厳しく非難している。

また、声明は「故郷を棄てる文化人がいることを恐れてはいけません。私たちの国は才能に富んでおり、昨日の偶像は明確な市民的立場を持つ他の偶像に取って代わられるだろう」と指摘。劇場は次の公演に、チューリッヒ歌劇場の《マクベス》の公演でネトレプコの代役に立ったヴェロニカ・ディジョーエヴァを起用する演奏会を入れ込んだ。

3日の声明については出された直後、彼女の降板を決断した米国のメトロポリタン歌劇場のピーター・ゲルブ総裁が「ニューヨーク・タイムズ」紙に対して、「私たちは、自分たちの立場を変える用意はない。もし、アンナが長期的にプーチンと本当に完全に縁を切ったことを示すなら、会話をする用意はある」と述べるに留まっている。

一方、プーチン政権は政権を批判する行動を厳罰に処ための法律の制定などに乗り出しており、3日の声明以降、ネトレプコのロシア版SNSが閉鎖された。ネトレプコは当面、出演の場が限られるという厳しい状況が続きそうだ。

写真:Anna Netrebko


関連記事

  1. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルの首席客演指揮者にマーク・エルダー

  2. ニューヨーク発 〓 全米は3月いっぱい公演キャンセル、アンドレ・リュウもツアー中止

  3. パレルモ発 〓 マッシモ劇場が新制作のベッリーニ《海賊》をストリーミング配信

  4. グラインドボーン発 〓 代役の呼び寄せに音楽祭がヘリコプターを手配、老舗の貫禄

  5. ロサンゼルス発 〓 2021年の「ゴールデングローブ賞」のノミネート作出揃う

  6. 東京発 〓 新日本フィルハーモニー交響楽団の次期音楽監督に佐渡裕

  7. ミュンヘン発 〓 アレックス・エスポージトに「宮廷歌手」の称号

  8. テルアビブ発 〓 2020年の「オペラリア」はテルアビブで開催

  9. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  10. ザルツブルク発 〓 ドミンゴに「オーストリア音楽劇場賞」功績賞

  11. ワルシャワ発 〓 ポーランドもロックダウンへ

  12. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  13. プラハ発 〓 チェコ・フィルが昨年秋以来初の“聴衆あり”コンサート

  14. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが今シーズンの公演をすべてキャンセル

  15. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。