香港発 〓 香港シンフォニエッタの音楽監督にクリストフ・ポッペン、イップ・ウィンシーの後任

2023/02/02

香港シンフォニエッタ(Hong Kong Sinfonietta)が次期音楽監督にドイツの指揮者クリストフ・ポッペン(Christoph Poppen)を迎えると発表した。今シーズンで退任するイップ・ウィンシー(=葉詠詩)の後任。

イップは2002年からその任にあり、1999年の設立で「香港小交響楽団」として親しまれているオーケストラの育ての親。ポッペンはイップの元、2015/2016シーズンから首席客演指揮者を務めている。

ポッペンはドイツ・ミュンスター生まれの66歳。デュッセルドルフのロベルト・シューマン大学で学び、ヴァイオリニストとして活躍。指揮者としては、デトモルト室内管弦楽団の首席指揮者、ミュンヘン室内管弦楽団の芸術監督、ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の創設指揮者を歴任してきた。

また、教育者としても、デトモルト音楽院でヴァイオリンと室内楽を教えた後、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学の校長に就任。退任後の2003年からはミュンヘン音楽・演劇大学の教授を務め、2000年から2005年までARDミュンヘン国際音楽コンクールの芸術監督を務めた。

退任する葉は中国・広州生まれ、香港育ちの63歳。英国の王立音楽院でピアノ、ヴァイオリン、音楽理論などを学び、米国インディアナ大学でヴァイオリン、指揮を専攻。1985年の第35回「ブザンソン国際指揮者コンクール」で優勝して欧米で活躍した後、帰国して香港シンフォニエッタの他、香港フィルハーモニー管弦楽団、広州交響楽団の指揮者を務めている。

写真:Hong Kong Sinfonietta / Handout


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 エド・デ・ワールトに改めて「副指揮者」の称号

  2. ヒューストン発 〓 ヒューストン響が音楽監督のユライ・ヴァルチュハとの契約を延長

  3. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノコンクールが予選通過者を発表

  4. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  5. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ響の音楽監督に

  6. ハノイ発 〓 ベトナムを代表するオペラ歌手、義兄に刺殺される

  7. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  8. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  9. 訃報 〓 アーロン・ローザンド(92)米国のヴァイオリニスト

  10. 札幌 〓 PMF札幌2020が開催を断念

  11. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  12. ベルリン発 〓 バレンボイムまた休養、当面の公演をキャンセル

  13. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  14. ベルリン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との契約を延長

  15. シカゴ発 〓 シカゴ響が来年1月から3月末まで公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。