ABOUT US

オペラやコンサート、いわゆる、クラシック音楽を中心に据えた音楽祭は世界中にどれくらいあるのか。2010年に刊行した『絶対行きたい 世界の音楽祭』の新版を書くため、インターネットで改めてそれを調べ始めたのです。すると、どうでしょう。これが予想を超えて、その数がどんどん積み上がっていきました。音楽祭の世界もこの数年で様変わり。多くの音楽祭がお洒落な自前のホームページを開設していて、検索するたびに知らなかった音楽祭の存在を知る、ということが続きました。ところが……。それだけの数があるにもかかわらず、それらを一気に総覧するポータルサイトがないのです、この世界には。それがこのWEBサイト「月刊音楽祭 / Around the Music Festival」を起ち上げようと思った最大の理由です。

欧米のオペラハウスやオーケストラの、音楽シーズンはたいてい9月に幕を開け、夏前の6月末に幕を閉じます。そこから業界全体が夏休みに。そして、音楽祭の多くは、その夏のバカンスの時期に集中します。一言で音楽祭と言っても、ドイツ・バイロイトで開かれているバイロイト(ワーグナー)音楽祭のような、チケットを取ること自体が至難の業という敷居の高いところから、プラッと行ける気軽なものまでスタイルもさまざま。音楽情報誌の編集長という仕事をやっていたこともあり、これまで世界的な音楽祭や公演に数多く足を運んできました。ただ、その多くが公演の取材やインタビューのための旅。旅とも呼べない“ただの往復”でしたが、現地で足を運んだ公演からどれだけ感動をもらったか。その感動が思い出されて、いまでも胸を熱くすることがたくさんあります。音楽家たちも普段とは違う「空間」から刺激を受けるのでしょう、音楽祭から素晴らしい公演がたくさん生まれ、上演史に輝かしい1ページを刻んでいます。

「音楽。それは旅の、そして人生のスパイス」。WEBサイトのタイトルにそう掲げました。旅先で素晴らしい音楽に出逢う。それだけで、旅自体がずっと楽しいものにもなるでしょう。その経験はまた、人生にとって忘れ難い、プライスレスな思い出になるはずです。次の旅では旅先で音楽祭にも足を運ぼうか……。WEBサイト「月刊音楽祭」には、世界の約400の音楽祭の情報を集めています。皆さんに「音楽祭に行ってみるか」という気持ちになってもらえるよう。あなたの、音楽祭への旅のゲートウエイとして役立つことを祈って。

「月刊音楽祭」編集長
田中良幸

 

たなか・よしゆき
1962年(昭和37年)、福井県鯖江市生まれ。高校卒業後、福井県職員として奉職するが1年で退職、愛知学院大学に進む。 在学中の86~88年に中国・北京大学に留学、帰国後は母校に戻り、大学院で研鑽を積む。90年、産経新聞社入社。記者として川崎支局、横浜総局を経て編集局社会部に移り、主に皇室を担当、天皇・皇后両陛下の中国、フランス、スペイン訪問の同行取材をはじめ、皇太子ご夫妻のご成婚の取材などを手掛けた。96年に文化部に異動してクラシック音楽の担当となり、97年には月刊のクラシック音楽情報誌『モーストリー・クラシック』を創刊、2005年まで初代編集長を務めた。06年、退社して独立。音楽プロデューサーとして活動し、06年から出光興産主催のコンサートシリーズ「ミュージック・イン・ミュージアム」を毎年手がけてきた他、08年にはパリ国立オペラの初の日本公演のプロモーションを手がけた。また、新聞社時代から衛星放送の音楽番組などの司会を務め、07〜09年にはラジオ日本のトーク番組「クラシック・ファースト」のパーソナリティーを務めた。09年初めに病気の治療で帰郷したのを機に拠点を鯖江に移し、10年にはヤマハ・ミュージックメディアから『世界の音楽祭』を出版。最近は「街角ジャーナリスト」の肩書きで、時事問題の解説などで講演、執筆活動も行っている。