ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表、ネトレプコが出演

2022/04/10
【最終更新日】2022/04/12

イタリアの夏の音楽祭を代表するアレーナ・ディ・ヴェローナ(Arena di Verona)が2022年の公演ラインナップを発表した。開幕はビゼー《カルメン》で、エリーナ・ガランチャが音楽祭デビューする。アンナ・ネトレプコの出演も予定通り。

ビゼー《カルメン》
6月17日 →
[出演]エリーナ・ガランチャ / クレメンティーネ・マルガイーネ / ジャネイ・ブリッジス / ユリア・マトーチュキナ / ブライアン・ジャッジ / ヴィットリオ・グリゴーロ / ロベルト・アラーニャ / ルカ・ミケレッティ / ゲジム・ミシュケタ / クラウディオ・スグーラ / カレン・ガルデアザバル / ジルダ・フルメ / マリア・テレーザ・レーヴァ / ラヴィニア・ビーニ

ヴェルディ《アイーダ》
6月18日 →
[出演]リュドミラ・モナスティルスカ / アンナ・ネトレプコ / Monica Conesa / ラトニア・ムーア / マリア・テレーザ・レーヴァ / ムラート・カラハン / ユシフ・エイヴァゾフ / ホルヘ・デ・レオン / サムエーレ・シモンチーニ / ファビオ・サルトーリ / フェルッチョ・フルラネット / ギュンター・グロイスベック / ラファウ・シヴェク / ミケーレ・ペルトゥージ / アブラモ・ロサレーン / リッカルド・ザネッラート / ロマン・ブルデンコ / セバスティアン・カターナ / アンブロージョ・マエストリ / アマルトゥブシン・エンクバット / サヴァ・ヴェミッチ / ロマーノ・ダル・ゾーヴォ / シモン・リム / エカテリーナ・セメンチュク / クレメンティーネ・マルガイーネ / アンナ・マリア・キウリ / オレシャ・ペトロヴァ

ヴェルディ《ナブッコ》
6月25日 →
アマルトゥブシン・エンクバット / セバスティアン・カターナ / ロマン・ブルデンコ / ルカ・サルシ / サムエーレ・シモンチーニ / リッカルド・ラドス / ラファウ・シヴェク / アブラモ・ロサレーン / ミケーレ・ペルトゥージ / マリア・ホセ・シーリ / エヴァ・プロンカ

ヴェルディ《椿姫》
7月2日 →
エンジェル・ブルー / リセッテ・オロペサ / アレクサンドラ・クルザク / フランチェスコ・メーリ / ヴィットリオ・グリゴーロ / トマーゾ / アルトゥール・ルチンスキ / イーゴリ・ゴロヴァテンコ / 
シモーネ・ピアッツォーラ / リュドヴィク・テジエ / ルカ・サルシ

プッチーニ《トゥーランドット》
8月4日 →
オクサナ・ディカ / アンナ・ネトレプコ / フェルッチョ・フルラネット / リッカルド・ファッシ / ユシフ・エイヴァゾフ / ムラート・カラハン / グレゴリー・クンデ / ヨンフン・リー / マリア・テレーザ・レーヴァ / ルース・イニエスタ

写真:Arena di Verona


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ローマ発 〓 カウフマンが初のカラフ役、パッパーノと《トゥーランドット》全曲録音へ

  2. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  3. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  4. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」はピアノのイサタ・カネー=メイソンに

  5. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2021年の概要を発表

  6. グラフェネック音楽祭 〓 開幕コンサートの指揮台に佐渡裕、幕開けは細川俊夫の新作ファンファーレ、ヴェルディのレクイエムは急きょ“合唱なし”

  7. ミラノ発 〓 スカラ座は7日の新シーズン開幕に向けて準備万端、ネトレプコも肩の手術から現場復帰

  8. フィレンツェ発 〓 メータ夫妻がフィレンツェ歌劇場に100万ドル分の「テスラ社」の株式を寄付

  9. ヴェルディ・フェスティバル 〓 今年のスケジュールを発表

  10. グリマーグラス・フェスティバル 〓 この夏の音楽祭に向け、屋外ステージを建設

  11. リガ発 〓 リガ・ユールマラ音楽祭が中止を発表。ロシアのウクライナ武力侵攻、ゲルギエフ絡みで

  12. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 音楽祭の開催を断念、新型コロナウイルスの感染拡大で

  13. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ, イタリアの指揮者

  14. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の音楽祭は予定通りの開催めざす

  15. オールドバラ発 〓 ついにオールドバラ音楽祭も中止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。