訃報 〓 アントン・ガルシア・アブリル(87)スペインの作曲家

2021/03/18
【最終更新日】2023/02/06

スペインの作曲家アントン・ガルシア・アブリル(Antón García Abril)が17日に首都マドリードで亡くなった。87歳だった。交響曲、室内楽、歌曲、映画音楽まで数多くの作品を作曲、現代スペインを代表する作曲家として知られる。また、マドリードの王立音楽院の作曲部門の責任者を長く務めた。

生ハム「ハモン・セラーノ」で知られるスペイン中東部アラゴン州のテルエル生まれ。マドリード音楽院で学んだ後、作曲はヴィート・フラッツィ、管弦楽法などをパウル・ファン・ケンペンに学び、1964年には奨学金を得てローマのサンタ・チェチリア国立音楽院アカデミーに留学した。

帰国後、作曲家グループ「新しい音楽」の創設に加わり、1960年代から「マカロニ・ウエスタン」と呼ばれる西部劇映画の音楽で注目を集めた。その後、前衛的な音楽から離れ、200を超える映画やテレビ・ドラマの音楽を作曲。2014年にはスペイン映画アカデミーからその業績に対して金メダルが授与されている。

マドリード王立音楽院では1974年から2003年まで後進の指導に当たり、1982年にはマドリードのサン・フェルナンド王立芸術アカデミーのメンバーにも選出された。1989年にはアラゴン州議会の委嘱を受けて州歌を作曲。1994年にスペイン音楽大賞を受賞するなど授賞多数。

晩年まで旺盛な作曲活動を展開。唯一のオペラ《神の言葉》が1997年にプラシド・ドミンゴ主演でテアトロ・レアルで初演されている。作曲を委嘱したヴァイオリニストのヒラリー・ハーンが自ら演奏したヴァイオリンのための《第3の溜息》、《無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ》6部作など、録音の残る作品も多い。

2008年からはバレンシアのサン・カルロス王立芸術大学のメンバー。2018年には85歳の誕生日を祝うアルバムもリリースされ、サン・フェルナンド王立芸術アカデミーで記念コンサートも行われている。

写真:Real Academia De Bellas Artes De San Fernando





関連記事

  1. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  2. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  3. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン(74)米国のソプラノ歌手

  4. 訃報 〓 ハリー・クプファー(84)ドイツの演出家

  5. バーデン=バーデン発 〓 来年の復活祭音楽祭のオペラはチャイコフスキー《マゼッパ》

  6. ヘルシンキ発 〓 シベリウス国際ヴァイオリン・コンクールが開催延期を発表

  7. マドリード発 〓 州立管の次期芸術監督にアロンドラ・デ・ラ・パーラ

  8. ロンドン発 〓 指揮者のウラディーミル・ユロフスキが大英帝国勲章ナイト・コマンダー章を受章

  9. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  10. マドリッド発 〓 RTVE交響楽団の次期首席指揮者・音楽監督にクリストフ・ケーニヒ

  11. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ(88)チェコの指揮者

  12. 訃報 〓 ラインベルト・デ・レーウ(81)オランダの指揮者、ピアニスト、作曲家

  13. パリ発 〓 米国のソプラノ歌手リセッテ・オロペサにフランス政府の「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  14. 訃報 〓 ディミトリー・スミルノフ(71)旧ソ連出身の作曲家

  15. ペララーダ発 〓 スペインのペララーダ城音楽祭が中止を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。