ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

2020/04/08

オーストリアのクルツ首相が6日に新型コロナウイルスの収束後の正常化に向けたタイムテーブルを発表したことを受け、ブレゲンツ音楽祭が7日、この夏の開催をめざすという声明を改めて出した。

クルツ首相が発表したタイムテーブルは、6月末まで大規模イベントなどの開催を禁止したもの。その分、7月以降の開催については含みを持たせている。

ブレゲンツ音楽祭は今年、7月22日から8月23日の開催。湖を使ってオペラの野外上演を行っている音楽祭は2年ごとに上演作品を変えており、昨年からはヴェルディ《リゴレット》が上演されている。

2年目の今年は上演に向けた負担が少ないこともあり、新型コロナウイルスの収束状況をにらみながら、5月末をめどに開催を判断。6月中旬からリハーサルをスタートさせるという。

写真:Bregenzer Festspiele


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. マイニンゲン発 〓 州立劇場の次期音楽総監督は初のアルランド人、キリアン・ファレル

  2. ボルドー発 〓 ボルドー国立オペラの次期芸術総監督にエマニュエル・オンドレ、マルク・ミンコフスキは退任

  3. 訃報 〓 ガブリエレ・シュナウト(72)ドイツのソプラノ歌手歳

  4. 訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ(90)イタリアのテノール歌手

  5. ベルリン発 〓 バレンボイム、80歳記念コンサートもキャンセル

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《こうもり》を大晦日にライブ・ストリーミング

  7. ベルリン発 〓 ペトレンコとベルリン・フィルもウクライナへの連帯を表明

  8. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  9. オデーサ発 〓 ウクライナの音楽祭「オデーサ・クラシックス」がエストニの首都タリンに会場を移して開催

  10. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭、今年は5月21日に開幕

  11. アントワープ発 〓 アントワープ響の首席指揮者エリム・チャンが2023/2024シーズンをもって退任

  12. フィラデルフィア発 〓 指揮者のネゼ=セガンがバイデン大統領、ハリス副大統領に公開書簡

  13. ロンドン発 〓 指揮者のドナルド・ラニクルズに「サー」の称号

  14. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  15. ペルミ発 〓 ペルミ・オペラ・バレエ劇場の次期音楽監督に29歳のミグラン・アガザニアン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。