ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルがウクライナに連帯するチャリティー・コンサート開催へ、指揮はラハフ・シャニ

2022/03/04

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(Münchner Philharmoniker)が8日、イザール・フィルハーモニーでウクライナに連帯するチャリティー・コンサートを行うと発表した。バイエルン放送交響楽団、バイエルン州立歌劇場管弦楽団のメンバーも参加、ソリストにアンネ=ゾフィー・ムターを迎えるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲と交響曲第5番《運命》というプログラムが組まれている。

ロシアのウクライナ侵略をめぐって開始直後、ミュンヘン市長、オーケストラ側が2015年から首席指揮者を務めているワレリー・ゲルギエフに対して、親しい関係にあるプーチン大統領の決断に反対するよう求めたが、ゲルギエフがそれに返答しなかったことから1日に任期を残して解任された

コンサートの指揮は、ラハフ・シャニ。シャニは2018年からオランダのロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めているが、ゲルギエフも1995年から2008年までその任にあった縁の深いオーケストラ。退任後も毎年客演して「ゲルギエフ・フェスティバル」を行ってきた。

ゲルギエフは今回、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団からもミュンヘンと同じことを求められ、電話を通じて話し合いも持たれたが折り合わず、オーケストラから「関係終了」を申し渡されている

写真:Münchner Philharmoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 名門ホール「ライスハレ」が使っていないパイプ・オルガンを入れ替え

  2. プラハ発 〓 チェコ・フィルのコンサートマスターにヤン・フィッシャー、オルガ・シュロウブコバの後任

  3. 訃報 〓 クリスティアーヌ・エダ=ピエール, フランスのソプラノ歌手

  4. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  5. 訃報 〓 ウド・ツィンマーマン, 作曲家

  6. シュヴェリーン発 〓 メクレンブルク州立劇場、コーミッシェ・オーパーもシーズン終了

  7. ブレーメン発 〓 ドイツ・カンマーフィルの首席客演指揮者にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  8. カルロヴィ・ヴァリ発 〓 市議会が地元オーケストラの楽団長を突如解任、それを受けて首席指揮者が抗議の辞任、楽団員は解任撤回の署名集めをスタート

  9. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の日本公演の延期決まる

  10. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ジュネーブ発 〓 国際音楽コンクール世界連盟がチャイコフスキー国際コンクールを追放

  12. ソウル発 〓 韓国響の次期芸術監督にベルギーの指揮者デイヴィッド・レイランド

  13. 訃報 〓 エンニオ・モリコーネ, イタリアの作曲家

  14. ミラノ発 〓 スカラ座が「平和のためのコンサート」開催、ウクライナへの連帯を表明

  15. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが年内の公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。