ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

2020/08/26

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が9月7日に予定通り新シーズンを開幕させると発表した。新シーズンは総裁がボグダン・ロシュチッチ(Bogdan Roscic)、音楽監督がフィリップ・ジョルダン(Philippe Jordan)に交代して最初のシーズン。

開幕を飾るのは、新制作の《蝶々夫人》で、演出を手がけるのはアンソニー・ミンゲラ。指揮はフィリップ・ジョルダンで、アスミク・グリゴリアン、ヴィルジニー・ヴェレーズ、ボリス・ピンハソヴィチらが出演する。

ただ、マスク着用が義務付けられる上、チケットは記名で、入場の際に身分証明書を提示すること、座席を変更禁止など、ソーシャル・ディスタンスの遵守など規制が多く、なにかと窮屈。ブラボーを叫ぶのも禁止されている。

写真:Wien Tourismus / Christian Stemper


関連記事

  1. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  2. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  3. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

  4. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  5. 東京発 〓 ワシントン・ナショナル響が日本公演を中止

  6. バイロイト発 〓 「バイロイト・バロック」が復活!

  7. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  8. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルは開催

  9. バルセロナ発 〓 リセウ大劇場が《ローエングリン》の公演をキャンセル

  10. パリ発 〓 フランスの夏の音楽祭も相次いで中止を発表

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第9週のラインナップ発表

  12. ザルツブルグ復活祭音楽祭 〓 2023年から毎年違う指揮者とオーケストラで

  13. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  14. ザルツブルク音楽祭 〓 ヤンソンスの代役にウェルザー=メスト、ソヒエフ

  15. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。