ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

2020/01/22

米国のネット配信会社『ネットフリックス=Netflix』がレナード・バーンスタインを描いた伝記映画『Bernstein』の製作に参加することが発表された。『Bernstein』は人気俳優のブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)が監督、主演を努める映画。制作陣にはスティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった大物が集結しており、バーンスタインの作曲した音楽を独占的に使用できる権利を獲得しているという。

クーパーは2009年の『ハングオーバー!消えた花婿と史上最悪の二日酔い』でブレイク、2012年からは3年連続でアカデミー賞にノミネートされた人気俳優。『アメリカン・スナイパー』の主演でも知られ、「ピープル」誌が選ぶ「最もセクシーな男性」に2011年に選ばれている。主演兼監督作品としては『アリー/スター誕生』に続いて2作目で、監督、主演だけでなく、脚本にも参加する。

2018年に生誕100周年を迎えたバーンスタイン(1918-1990)は情熱的なパフォーマンスと人間味有る音楽作りで聴衆を魅了、20世紀を代表する指揮者として知られる。一方で作曲家としても活躍、『ウエストサイド・ストーリー』などの多くの名曲を世に送り出している。また、若い音楽家の教育にも熱心で、タングルウッド音楽祭、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、PMFといった教育音楽祭に深く関与した。

巨匠を描いた映画で既に製作に入っているものにはもう一つ、ケーリー・フクナガ監督の『The American』があり、こちらは人気俳優のジェイク・ギレンホールがバーンスタインを演じる。ギレンホールは1999年公開の『遠い空の向こうに』で映画主演デビュー、2005年の『ブロークバック・マウンテン』で英国アカデミー賞で助演男優賞を受賞している。ハンフリー・バートンの著作『バーンスタインの生涯』に基づき、人間バーンスタインの華々しいキャリアと葛藤が描かれるという。

写真:Fox Photos / Hulton Archive

関連記事

  1. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  2. 訃報 〓 アレクサンダー・トラーゼ(69)ジョージア出身のピアニスト

  3. ローマ発 〓 フィレンツェ歌劇場の総裁に就任したばかりのカルロ・フォルテスに対し、労働安全規則違反で16カ月の実刑判決

  4. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールが最終出場者22人を発表

  5. ペルミ発 〓 ペルミ・オペラ・バレエ劇場の次期音楽監督に29歳のミグラン・アガザニアン

  6. ローマ発 〓 ムーティがコンテ首相に劇場再開を求める公開書簡

  7. 訃報 〓 カミラ・ウィックス(92)米国のヴァイオリン奏者

  8. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新制作の《ホフマン物語》をストリーミング配信

  9. デュッセルドルフ発 〓 アクセル・コーバーが任期満了の2024年夏でライン・ドイツ・オペラの音楽総監督を退任

  10. リール発 〓 リール国立管の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  11. 訃報 〓 ヴィルジニア・ゼアーニ(95)ルーマニア出身のソプラノ歌手

  12. フォートワース発 〓 韓国のイム・ユンチャンが第16回「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で史上最年少優勝

  13. 浜松発 〓 国際ピアノ・コンクール中止の浜松で、初の国際ピアノ・フェスティバルを開催

  14. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. フィラデルフィア発 〓 ヤニック・ネゼ=セガンがフィラデルフィア管と契約更改、任期を2030年まで延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。