ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

2020/01/22

米国のネット配信会社『ネットフリックス=Netflix』がレナード・バーンスタインを描いた伝記映画『Bernstein』の製作に参加することが発表された。『Bernstein』は人気俳優のブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)が監督、主演を努める映画。制作陣にはスティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった大物が集結しており、バーンスタインの作曲した音楽を独占的に使用できる権利を獲得しているという。

クーパーは2009年の『ハングオーバー!消えた花婿と史上最悪の二日酔い』でブレイク、2012年からは3年連続でアカデミー賞にノミネートされた人気俳優。『アメリカン・スナイパー』の主演でも知られ、「ピープル」誌が選ぶ「最もセクシーな男性」に2011年に選ばれている。主演兼監督作品としては『アリー/スター誕生』に続いて2作目で、監督、主演だけでなく、脚本にも参加する。

2018年に生誕100周年を迎えたバーンスタイン(1918-1990)は情熱的なパフォーマンスと人間味有る音楽作りで聴衆を魅了、20世紀を代表する指揮者として知られる。一方で作曲家としても活躍、『ウエストサイド・ストーリー』などの多くの名曲を世に送り出している。また、若い音楽家の教育にも熱心で、タングルウッド音楽祭、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、PMFといった教育音楽祭に深く関与した。

巨匠を描いた映画で既に製作に入っているものにはもう一つ、ケーリー・フクナガ監督の『The American』があり、こちらは人気俳優のジェイク・ギレンホールがバーンスタインを演じる。ギレンホールは1999年公開の『遠い空の向こうに』で映画主演デビュー、2005年の『ブロークバック・マウンテン』で英国アカデミー賞で助演男優賞を受賞している。ハンフリー・バートンの著作『バーンスタインの生涯』に基づき、人間バーンスタインの華々しいキャリアと葛藤が描かれるという。

写真:Fox Photos / Hulton Archive

関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  2. ワシントン発 〓 ケネディー・センターが人気ミュージカル「ハミルトン」の上演を断念

  3. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  4. ケルン発 〓 指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市との契約を延長

  5. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  7. リエージュ発 〓 ワロン王立歌劇場が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  8. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールがハレルを偲ぶオンライン演奏会

  9. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  10. リヨン発 〓 リヨン国立オペラがバレエ団の芸術監督ヨルゴス・ロウコスを解任

  11. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  12. ライプチヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管とシューベルト、ベルワルドの交響曲全集

  13. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

  14. ハンブルク発 〓 ドホナーニにハンブルク市から「ブラームス・メダル」

  15. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。