ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが創立450年

2020/01/03

ベルリン州立歌劇場のオーケストラ、ベルリン・シュターツカペレ(Staatskapelle Berlin)が2020年に創立450年を迎えた。1日、その節目の年が幕を開けた。それを記念して、2月のシンポジウムを皮切りに、2020年は記念イベントが続く。4月に行われている音楽祭「フェストターゲ」はベートーヴェンの生誕250年を記念して、4回のコンサートで9曲の交響曲の全曲演奏に取り組む。また、「フェストターゲ」では、歴史的な録音を含めた全集がグラモフォンから発売される。創立記念コンサートは9月。

ベルリン・シュターツカペレの前身は1570年、ブランデンブルクのヨアヒム2世皇太子によって宮廷オーケストラとして設立されたアンサンブル。世界最古のオーケストラの一つとして知られ、1742年にプロイセン王フレデリック大王によって宮廷歌劇場の開場すると、歌劇場の座付きオーケストラとなった。戦前はヴィルヘルム・フルトヴェングラー、エーリッヒ・クライバー、オットー・クレンペラー、ブルーノ・ワルターたちが指揮台に立った。

戦後は東ドイツを代表する国立歌劇場となり、ヨーゼフ・カイルベルト、フランツ・コンヴィチュニー、ハインツ・レーグナー、オトマール・スイトナーといった名指揮者が音楽監督を務めてきた。東西ドイツの統一時には存続も取り沙汰されたが、1992年にダニエル・バレンボイムが音楽監督に就任すると評価が逆転。演出家ハリー・クプファーとワーグナー作品の連続上演などに取り組むなど、彼の強烈なリーダーシップの下で強烈な存在感を放つようになった。

写真:Staatsoper Unter den Linden


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ハリー・クプファー, ドイツの演出家

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  3. マドリッド発 〓 RTVE交響楽団の次期首席指揮者・音楽監督にクリストフ・ケーニヒ

  4. パリ発 〓 マイケル・バレンボイムがミケランジェロ弦楽四重奏団のメンバーに、今井信子の後任

  5. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. 訃報 〓 ノルベルト・バラチュ, オーストリアの合唱指揮者

  7. シカゴ発 〓 ラヴィニア音楽祭が中止を発表

  8. ドナウエッシンゲン発 〓 音楽祭の開催中止を発表

  9. 訃報 〓 ロランド・パネライ, イタリアのバリトン歌手

  10. 訃報 〓 カミル・マリネスク, ルーマニアの指揮者

  11. カルガリー発 〓 ホーネンス国際ピアノ・コンクールが1年延期を発表

  12. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  13. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場がポネル演出の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第5週・4月第1週のストリーミング配信ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。