音楽祭の記憶

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    •  フランス 
    • 音楽祭の記憶

    スペインのカタルーニャ地方に生まれた前世紀最大のチェロ奏者にして指揮者である、パブロ・カザルス。彼を慕う音楽家たちが…

    •  ドイツ 
    • 音楽祭の記憶

    すべてはここから始まったーー。20年後の今にして思えば、そう思わざるを得ない。2002年夏のこと。ドイツ・シュトゥットガル…

    •  フランス 
    • 音楽祭の記憶

    ライプツィヒ生まれのピアニスト、ヴィルヘルム・バックハウスは我々の少し上の世代にとって、ベートーヴェン演奏の権威と信…

    •  日本 
    • 音楽祭の記憶

    突然ですが、《月刊音楽祭トリビア・クイズ》の時間です。ある年の大阪フェスティバルに関して、次の(1)〜(4)のうち、…

    •  オーストリア 
    • 音楽祭の記憶

    2018年夏のザルツブルク音楽祭におけるモーツァルト作曲《魔笛》。進境著しいアメリカの演出家リディア・スタイアー女史が、…

    •  イタリア 
    • 音楽祭の記憶

    ヴェネチアで特急列車に乗り1時間ちょっとで、シェイクスピアの戯曲《ロミオとジュリエット》の舞台となったヴェローナの街…

    •  ドイツ 
    • 音楽祭の記憶

    「ルール・ピアノ・フェスティバル」は、ドイツの工業地帯として有名なルール地方一帯で開催されるピアノを中心としたフェス…

    •  オーストリア 
    • 音楽祭の記憶

    オーストリアでは記念切手も発売された「マーラー生誕100年祭」に招かれたブルーノ・ワルターが、ウィーン・フィルハーモニー…

    •  フランス 
    • 音楽祭の記憶

    ハンス・ロスバウトという指揮者をご存知ですか? 1895年、オーストリア・グラーツの生まれ。グラーツと言えば、日本でも有…

    •  ドイツ 
    • 音楽祭の記憶

    再び、《月刊音楽祭トリビア・クイズ》の時間です。「単一の楽曲として、レコーディング史上最長の音楽は何でしょうか?」そ…

    •  イギリス 
    • 音楽祭の記憶

    1960年9月、ソビエト連邦の作曲家ドミトリー・ショスタコーヴィチは、自身のチェロ協奏曲第1番の西側初演の際、前年の世界初…

    •  チェコ 
    • 音楽祭の記憶

    プラハから約130キロ離れたチェコ最古の鉱山の町、イフラヴァ。ここは、作曲家グスタフ・マーラーが幼少期を過ごした街として…

    •  イギリス 
    • 音楽祭の記憶

    ロンドンっ子の夏のお楽しみ、BBCプロムス。1895年から開催されているというから、優に100年を越える長い歴史を持つ。この間…

    •  オーストリア 
    • 音楽祭の記憶

    オーストリア・ザルツブルクからバスに揺られて1時間弱の行程で、月の形をした美しい湖のほとりにある町、モントゼー(=モ…

    •  スイス 
    • 音楽祭の記憶

    今年4月、「音楽祭の記憶」コーナーで1950年のプラード音楽祭について書いたところ、「プラード音楽祭で録音に使った録音機…

    •  ドイツ 
    • 音楽祭の記憶

    戦後、復活したバイロイト音楽祭を率いたのは、音楽祭の創始者リヒャルト・ワーグナーの孫にあたるヴィーラントとヴォルフガ…

    •  オーストリア 
    • 音楽祭の記憶

    アントン・ブルックナーの聖地といえば、オーストリア北部のリンツにほど近いザンクト・フローリアンがまず浮かぶ。ブルック…

    •  アメリカ 
    • 音楽祭の記憶

    始まりは1980年というから、古楽フェスティバルとしては既に古参の部類だろう。これまでにもタリス・スコラーズやムジカ・ア…