プラハ発 〓 チェコ・フィルの首席指揮者にビシュコフが就任

2017/10/30
【最終更新日】2018/03/28

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団は2018/19シーズンから、首席指揮者にセミヨン・ビシュコフを迎えることを決めた。2017年5月に71歳で死去したイルジー・ビエロフラーベクの後任。ビシュコフは旧ソ連・レニングラード生まれ。ユダヤ系ロシア人で現在は米国籍。これまでパリ管弦楽団の音楽監督(1989 – 1998)、ドイツのWDRケルン放送交響楽団の首席指揮者(1997 – 2010)などを務めてきた。

    音楽祭情報はこちら ▶

関連記事

  1. ウィーン発 〓 メータが「オペルンバル」の指揮をキャンセル

  2. パリ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンが「レジオンドヌール勲章」を受章

  3. オスロ発 〓 オスロ・フィルが次期首席指揮者に弱冠22歳のクラウス・マケラ

  4. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ、2018/19シーズンのラインナップを発表

  5. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管の代役続々

  6. 訃報 〓 フランスの指揮者ジャン=クロード・マルゴワールが死去

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。