グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

2017/11/29
【最終更新日】2021/08/12

2015年からフェスティバルの総監督を務めてきたセバスチャン・シュワルツが11月で辞任した。

シュワルツは1974年、旧・東独ロストックの生まれ。ベルリンで声楽と音楽学、ベネチアで劇場マネージメントを学んだ後、ベネチアのフェニーチェ劇場、ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場、アイルランドのウェックスフォード・フェスティバル・オペラ、ドイツのハンブルク州立歌劇場などでキャリアを重ねている。

グラインドボーン音楽祭には、デイヴィッド・ピッカードの後任として迎えられ、就任後に「グラインドボーン・オペラ・カップ」という国際声楽コンクールを創設。次回2018年3月のコンクールではこちらの審査委員長を務める。

    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・オペラ・フェスティバル、2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  2. グラーツ発 〓 サンクト=マルガレーテンの野外オペラが開催を断念

  3. ネイプルズ発 〓 米国のネイプルズ管の芸術・音楽監督に英国のアレクサンダー・シェリー

  4. リヒャルト・シュトラウス音楽祭 〓 アレクサンダー・リープライヒが芸術監督を辞任

  5. グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

  6. ジャクソン発 〓 グランドティトン音楽祭が音楽監督のドナルド・ラニクルズとの契約を延長

  7. 訃報 〓 ジョン・ジョージアディス(81)英国の指揮者・ヴァイオリニスト

  8. ロンドン発 〓 アウシュリネ・ストゥンディーテが代役で《エレクトラ》に出演、前倒しでロイヤル・オペラにデビュー

  9. 訃報 〓 マーティン・ロヴェット(93)英国のチェロ奏者、アマデウス弦楽四重奏団のメンバー

  10. 訃報 〓 ジョーゼフ・ホロヴィッツ(95)英国の作曲家

  11. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  12. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルが来年の公演ラインナップを発表

  13. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  14. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」はピアノのイサタ・カネー=メイソンに

  15. ルツェルン発 〓 ルツェルン音楽祭が2024年夏の公演ラインナップを発表、集まるオーケストラの顔ぶれは圧巻

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。