グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

2017/11/29
【最終更新日】2018/03/28

2015年からフェスティバルの総監督を務めてきたセバスチャン・シュワルツが11月で辞任した。シュワルツは1974年、旧・東独ロストックの生まれ。ベルリンで声楽と音楽学、ベネチアで劇場マネージメントを学んだ後、ベネチアのフェニーチェ劇場、ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場、アイルランドのウェックスフォード・フェスティバル・オペラ、ドイツのハンブルク州立歌劇場などでキャリアを重ね、デイヴィッド・ピッカードの後任としてグラインドボーン・オペラ・フェスティバルの総監督に就任していた。「グラインドボーン・オペラ・カップ」という国際声楽コンクールを創設、次回2018年3月のコンクールではこちらの審査委員長を務める。

    音楽祭情報はこちら ▶

関連記事

  1. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 小澤征爾が指揮予定の3公演を降板

  2. ロンドン発 〓 18歳のチェリスト、カネー=メイソンのデビュー・アルバムが快走

  3. バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

  4. グラインドボーン音楽祭 〓 コンクール「オペラ・カップ」終了、優勝はサマンサ・ハンキー

  5. ベルリン音楽祭 〓 2018年の音楽祭のプログラムを発表

  6. 訃報 〓 フランスの指揮者ジャン=クロード・マルゴワールが死去

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。