グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

2017/11/29
【最終更新日】2018/03/28

2015年からフェスティバルの総監督を務めてきたセバスチャン・シュワルツが11月で辞任した。シュワルツは1974年、旧・東独ロストックの生まれ。ベルリンで声楽と音楽学、ベネチアで劇場マネージメントを学んだ後、ベネチアのフェニーチェ劇場、ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場、アイルランドのウェックスフォード・フェスティバル・オペラ、ドイツのハンブルク州立歌劇場などでキャリアを重ね、デイヴィッド・ピッカードの後任としてグラインドボーン・オペラ・フェスティバルの総監督に就任していた。「グラインドボーン・オペラ・カップ」という国際声楽コンクールを創設、次回2018年3月のコンクールではこちらの審査委員長を務める。

    音楽祭情報はこちら ▶

関連記事

  1. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがパッパーノとの契約を延長

  2. バーデン=バーデン音楽祭 〓 ネトレプコ、エイヴァゾフ夫妻が《アドリアーナ・ルクヴルール》を降板

  3. ロンドン発 〓 トーマス・アレンがオペラから引退

  4. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  5. ロンドン発 〓 ラトルが隠れた名作をディナー・パーティーでゲット!?

  6. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。