グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

2017/11/29
【最終更新日】2021/08/12

2015年からフェスティバルの総監督を務めてきたセバスチャン・シュワルツが11月で辞任した。

シュワルツは1974年、旧・東独ロストックの生まれ。ベルリンで声楽と音楽学、ベネチアで劇場マネージメントを学んだ後、ベネチアのフェニーチェ劇場、ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場、アイルランドのウェックスフォード・フェスティバル・オペラ、ドイツのハンブルク州立歌劇場などでキャリアを重ねている。

グラインドボーン音楽祭には、デイヴィッド・ピッカードの後任として迎えられ、就任後に「グラインドボーン・オペラ・カップ」という国際声楽コンクールを創設。次回2018年3月のコンクールではこちらの審査委員長を務める。

    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 代役でネトレプコが《トスカ》に出演

  2. ロンドン発 〓 英国はイングランドでロックダウン、劇場も閉鎖

  3. バイロイト音楽祭 〓 来年の音楽祭の概要を発表

  4. ロンドン発 〓 ロンドン響が新シーズン開幕直後に中国、ベトナムへ

  5. バーデン=バーデン発 〓 復活祭音楽祭の開催を断念

  6. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがアーカイブ映像をストリーミング配信

  7. プッチーニ・フェスティバル 〓 音楽祭がこの夏の公演ラインナップを発表

  8. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」はピアノのイサタ・カネー=メイソンに

  9. ロンドン発 〓 ウィグモア・ホールが全公演をキャンセル、閉鎖は7月末まで

  10. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  11. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭がストリーミング配信のための有料プラットホーム起ち上げ、名付けて「グラインドボーン・アンコール」

  12. ロンドン発 〓 「グラモフォン・アワード2019」の年間賞など発表

  13. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  14. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが“ドライブイン・オペラ”

  15. グラインドボーン音楽祭 〓 音楽祭の開幕延期を決定

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。