オーストリア・ザルツブルクからバスに揺られて1時間弱の行程で、月の形をした美しい湖のほとりにある町、モントゼー(=モント湖)に到着する。

この町、教区教会が有名だ。その内部が有名な映画『サウンド・オブ・ミュージック』で、主人公マリアと大佐の結婚式シーンのロケで使われた。この避暑地の町では1989年以降、ザルツブルク音楽祭が終わった後の期間を使って、「モント湖音楽週間」という小さな音楽祭が開かれている。

創設時の芸術監督は、ハンガリー出身のピアニスト、アンドラーシュ・シフ。この2枚組のアルバムは、彼が名テノール歌手のペーター・シュライアーと組んだヨハネス・ブラームスの連作歌曲集《美しきマゲローネ》作品33の全曲が収められたもので、1997年の9月にライヴ録音されたものだ。

曲はヨハン・ルートヴィヒ・ティークの詩にブラームスが音楽をつけたもので、プロヴァンスの若い貴族ペーター伯爵と、ナポリ王女のマゲローネとの出会いと恋の物語を歌っている。全15曲。その詩(歌)だけではストーリーが繋がらないので、よく物語の朗読で間を繋ぐことがあるが、今回もそうした朗読付きのバージョンで上演されている。

第1曲。シフの弾く伴奏は、やや速めのテンポ設定も相まって、軽やかなタッチでリズミックに始まる。バリトン歌手もよく歌う歌曲集であり、その場合は、原調より短3度程度は低い調になることが多いので、このライブで聞ける明るいピアノはいかにも新鮮に響く。

シュライアーの歌い始めもこれに呼応して、若々しく希望に満ちていて、若者ペーターに「世界中を駆け巡って、後悔した者はいない」と吟遊詩人が誘いかけるという詩の内容ともよく合っている。テノール、しかもシュライアーのようなリリック・テナーが歌うと、この曲集は、青春の息吹があふれる情熱的な愛の歌になるのだ。

ペーターが旅先で美しき王女マゲローネに出会い、恋をし、3つの指輪を一つひとつ渡していく。そのあたりの主人公の胸の高鳴りをじっくりと描いていく(第4曲〜第7曲)。やがて二人は思いを通わせるようになるが、途中、思わぬところで離れ離れになってしまう。そうした緊迫した場面での劇的な表現が、抒情的な場面と見事に対比し、作品に深みを与えている(第10曲)。

シフのピアノも、シュライアーに負けず劣らず鋭い踏み込みを見せる。必要なところでは、伴奏にもかかわらずピアノを完全に鳴らしきり、何も憚るところがない。彼らは当時、既にそれぞれの分野で大家として名をなしていた。にもかかわらず、新たな表現を求め挑戦を続ける姿には、感心を通り越して尊敬の念さえ覚える。

曲間に挟まれる朗読は、俳優で朗読家としても活躍していたゲルト・ウェストファルが受け持っている。時折、ピアノによる前奏部分に語りを重ねるなど細かな工夫も重ね、長いストーリーを飽きさせずに聞かせている。会場は残響も豊かで、録音状態も素晴らしい。

ちなみにシフは音楽監督を1998年で退任。その後、クリスティアン・アルテンブルガー&ユリア・シュテムベルガー夫妻、ハインリヒ・シフを経て、2010年からはアウリン弦楽四重奏団が芸術監督を務め、現在に至っている。このような小さな、しかし独自性を持った音楽祭こそ、ぜひ機会を作って訪れてみたいと思うのは、僕だけではないだろう。


    CDを買う ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷



……… アルバム情報

● ブラームス:歌曲集《美しきマゲローネ》 – ティークの『マゲローネ』のロマンス

 ペーター・シュライアー(テノール)
 アンドラーシュ・シフ(ピアノ)
 ゲルト・ヴェストパール(朗読)

 録音時期:1997年9月
 録音場所:モントゼー音楽週間
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)


関連記事

  1. ガルス野外オペラ | Oper Burg Gars

  2. オペラFLASH 2019-2020[アン・デア・ウィーン劇場]ハルカ

  3. [ 音楽祭新作オペラ 2018 ]ザルツブルク音楽祭 … 魔笛

  4. ケルンテンの夏音楽祭 | Carinthischer Sommer

  5. 新作オペラFLASH 2019-2020[アン・デア・ウィーン劇場]エグモント

  6. ライジング・リスト音楽祭 | Liszt Festival Raiding

  7. 新作オペラFLASH 2021/2022[ウィーン国立歌劇場]セビリアの理髪師

  8. 新作オペラFLASH ★ マドリード王立歌劇場 … ファルスタッフ

  9. シュタイアー音楽祭 | Musik Festival Steyr

  10. 音楽祭新作オペラ2019[ザルツブルク音楽祭]イドメネオ

  11. 音楽祭新作オペラ2019[ザルツブルク音楽祭]天国と地獄