ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラ、本拠地をロンドンからマンチェスターに

2023/12/06

英国のイングリッシュ・ナショナル・オペラ(ENO)が5日、本拠地をロンドンからマンチェスターに移すことを発表した。イングリッシュ・ナショナル・オペラをめぐっては昨年11月、文化予算削減策の中で、年間1,260万ポンド(約21億円)の支給が打ち切られ、代わりに一時金を受け取ってロンドンを離れ、新しいビジネスモデルの開発を模索することが求められていた。

発表によると、候補地に挙がったのはバーミンガム、ブリストル、リバプール、ノッティンガム、そして、マンチェスターの5都市。その中でマンチェスターは常駐のオペラ・カンパニーがないヨーロッパ最大の都市で、移転は2029年になるという。また、移転後も、これまで本拠地にしてきたロンドン・コロシアムへの出前公演も企画される。

ENOはすべての作品を英語で上演しているオペラ・カンパニー。1968年に本拠地をロンドン・コロシアムに移し、1974年から現在の名称を使って活動を続けてきた。チケット価格も低く抑え、どの作品も手話付き上演が必ず一回組み込まれるなど、オペラへの敷居を低くしようとする姿勢で知られてきた。

昨年の予算削減の発表の直後から、バリトン歌手のブリン・ターフェルら英国の音楽家が次々に反対の声を上げた他、この10月には7年にわたって音楽監督を務めてきた指揮者のマーティン・ブラビンズが具体的に提示された人員削減案などに抗議して辞任している。

写真:English National Opera


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルン発 〓 スイスの劇場閉鎖、2月末まで延長の方向

  2. ドレスデン発 〓 バリトン歌手のハンス=ヨアヒム・ケテルセンがザクセン州立オペラの名誉会員に

  3. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  4. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が《エルナーニ》を無料ストリーミング

  5. ブレーマーハーフェン発 〓 市立劇場が音楽総監督のマルク・ニーマンとの契約を延長

  6. ベルリン発 〓 バレンボイム、80歳記念コンサートもキャンセル

  7. ヴァレンシア発 〓 ソフィア王妃芸術宮殿が《蝶々夫人》をストリーミング配信

  8. オールドバラ発 〓 ついにオールドバラ音楽祭も中止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラがワーグナー《リエンツィ》をストリーミング配信

  10. モスクワ発 〓 ワシリー・ペトレンコがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督を辞任

  11. フランクフルト発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にトーマス・グガイス、セバスティアン・ヴァイグレの後任

  12. 訃報 〓 ラファエル・ロハス(59)メキシコ出身のテノール歌手

  13. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  14. ケープタウン発 〓 若手歌手のための「オペラリア」、2023年は南アフリカのケープタウンで開催

  15. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。