ミラノ発 〓 ウクライナ領事、スカラ座に《ボリス・ゴドノフ》の上演取り止めを要請

2022/11/16

ウクライナのアンドレイ・カルティシュ在ミラノ領事が先週、スカラ座のドミニク・マイヤー総裁らに対して、12月7日の新シーズン開幕公演に予定されているムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》の上演とり止めを要請した。

現地の報道をまとめると、要請はマイヤー総裁はじめ、ミラノのジュゼッペ・サラ市長とロンバルディア州のアッティリオ・フォンタナ知事に送られたもの。上演がイタリアのウクライナ社会に大きな失望と後悔をもたらしたとした上で、要請理由をロシアによるいかなるプロパガンダの要素も許さないためとしている。

上演取り止めについては10月末、イタリアにあるウクライナ関連の23の協会からも要請状が送られていたが、直前になっての領事からの改めての抗議に、マイヤー総代は現地メディアの取材に対し、「プーシキンを読むために隠れる準備はしていない」と述べている。

ロシア・オペラを代表する作品でもある《ボリス・ゴドノフ》の上演をめぐっては今年3月、ワルシャワ国立歌劇場が4月8日に初日を迎える予定だった新制作のプロダクションの上演を取り止めるといった動きが出ていた。

写真:Teatro alla Scala / Giuseppe Nicoloro

関連記事

  1. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  2. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  3. 東京発 〓 日本フィルの次期首席指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ラハティ発 〓 指揮者のオスモ・ヴァンスカが骨折事故を乗り越え、車椅子で現場復帰へ

  6. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  7. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル響とウクライナ国歌

  8. 東京発 〓 日本フィルが2024/2025シーズンの定期演奏会のラインナップを発表

  9. ニューヨーク発 〓 浮かび上がってきたメトロポリタン歌劇場の次期シーズン

  10. ベルリン発 〓 ペトレンコとベルリン・フィルもウクライナへの連帯を表明

  11. 訃報 〓 ロバート・マン(97)米国のヴァイオリニスト、ジュリアード弦楽四重奏団の創設メンバー

  12. 訃報 〓 ジョナサン・ミラー(85)英国の演出家

  13. ロンドン発 〓 ヘンデルの旧居が来年5月、リニューアル・オープン

  14. ペーザロ発 〓 イタリアのロッシーニ・オペラ・フェスティバルが《ランスへの旅》をライブ・ストリーミング

  15. ミラノ発 〓 スカラ座が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。