ミラノ発 〓 ウクライナ領事、スカラ座に《ボリス・ゴドノフ》の上演取り止めを要請

2022/11/16

ウクライナのアンドレイ・カルティシュ在ミラノ領事が先週、スカラ座のドミニク・マイヤー総裁らに対して、12月7日の新シーズン開幕公演に予定されているムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》の上演とり止めを要請した。

現地の報道をまとめると、要請はマイヤー総裁はじめ、ミラノのジュゼッペ・サラ市長とロンバルディア州のアッティリオ・フォンタナ知事に送られたもの。上演がイタリアのウクライナ社会に大きな失望と後悔をもたらしたとした上で、要請理由をロシアによるいかなるプロパガンダの要素も許さないためとしている。

上演取り止めについては10月末、イタリアにあるウクライナ関連の23の協会からも要請状が送られていたが、直前になっての領事からの改めての抗議に、マイヤー総代は現地メディアの取材に対し、「プーシキンを読むために隠れる準備はしていない」と述べている。

ロシア・オペラを代表する作品でもある《ボリス・ゴドノフ》の上演をめぐっては今年3月、ワルシャワ国立歌劇場が4月8日に初日を迎える予定だった新制作のプロダクションの上演を取り止めるといった動きが出ていた。

写真:Teatro alla Scala / Giuseppe Nicoloro

関連記事

  1. ロンドン発 〓 イギリスの音楽家のビザなし渡航でEU加盟19カ国と合意と発表

  2. ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

  3. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  4. ザールブリュッケン発 〓 ザールラント州立劇場が音楽総監督のセバスティアン・ルランとの契約を延長

  5. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの2020/2021シーズンが開幕

  7. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが5年かけ、新しい《ニーベルングの指環》

  8. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督にペリン・リーチ

  9. ベルガモ発 〓 ドミンゴがバリトンの新しい役に挑戦

  10. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  11. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  12. ストックホルム発 〓 2022年の「ポーラー音楽賞」にフランスの室内オーケストラ、アンサンブル・アンテルコンタンポラン

  13. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  14. ウィーン発 〓 話題の《ピーター・グライムズ》で国立歌劇場合唱団に19人の陽性反応、あわや上演中止の危機に

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラがワーグナー《リエンツィ》をストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。