ベルリン発 〓 州立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、バレンボイムの後任は発表されず

2023/03/31
【最終更新日】2023/07/14

ベルリン州立オペラ(Staatsoper Unter den Linden)が新シーズン、2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表した。1992年から音楽監督を務めてきたダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim)がこの1月末で退任、後任はまだ決まっていない。オペラの新制作は以下の通り、5作品。

再演では、2022年から上演が始まった新しいワーグナー《ニーベルングの指環》の指揮は、2024年3月に上演され、今回の指揮はクリスティアン・ティーレマンではなく、ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めるフィリップ・ジョルダンが担当する。

ヴェルディ《アイーダ》
10月3日 →
[演出]カリスト・ビエイト
[指揮]ニコラ・ルイゾッティ
[出演]グリゴリー・シュカルパ / エリーナ・ガランチャ / マリーナ・レベカ / ユシフ・エイヴァゾフ / ルネ・パーペ / ヴラジスラフ・スリムスキー

シャルパンティエ《メデ》
11月19日 →
[演出]ピーター・セラーズ
[指揮]サイモン・ラトル
[出演]マグダレーナ・コジェナー / レイナウト・ファン・メヘレン / ルカ・ティットート / キャロリン・サンプソン / アンジェラ・ヒックス / ギュラ・オレント

ドボルザーク《ルサルカ》
2024年2月4日 →
[演出]コーネル・ムンドルッツォ
[指揮]ロビン・ティチアーティ
[出演]クリスティアーネ・カルク / パヴェル・チェルノフ / アンナ・サムイル / ミカ・カレス / アンナ・キスユディット / ローマン・トレーケル

ムソルグスキー《ホヴァーンシチナ》
2024年6月2日 →
[演出]クラウス・グート
[指揮]シモーネ・ヤング
[出演]ミカ・カレス / ナジミディン・マヴリャーノフ / シュテファン・リューガマー / ヴラジスラフ・スリムスキー / フェルッチョ・フルラネット / マリナ・プルデンスカヤ / エヴェリン・ノヴァーク / スティーヴ・ダヴィスリム

マルク=アンドレ・ダルバヴィ《抵抗の憂鬱》
2024年6月30日 →
[演出]ダヴィッド・マルトン
[指揮]マリー・ジャコー
[出演]ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー / フィリップ・ ジャルスキー / パトリシア・プティボン / マティアス・クリンク / トーマス・オリーマンス

写真:Staatsoper Unter den Linden / Marcus Ebener


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. クリスチャンサン発 〓 ジュリアン・ラクリンがノルウェーのクリスチャンサン響の首席指揮者に

  2. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  3. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの楽団員が基本給の25%カットに同意

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がラインナップ発表、“Nightly Met Opera Streams”の第53週

  5. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  6. デトロイト発 〓 デトロイト響の首席客演指揮者にノルウェーのタビタ・ベルグルンド

  7. ダラス発 〓 ダラス響が音楽監督のファビオ・ルイージとの契約を延長

  8. バーデン=バーデン・フェスティバル 〓 今年の復活祭音楽祭は5月開催に変更、2022年のオペラは《スペードの女王》と発表

  9. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  10. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場の音楽総監督にヴァシリス・クリストプロス

  11. 訃報 〓 ジョセフィン・ヴィージー(91)英国のメゾ・ソプラノ歌手

  12. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  13. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  14. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新製作の《サロメ》をライブ・ストリーミング

  15. サンフランシスコ発 〓 マイケル・ティルソン・トーマスの名前を付けた「MTTウェイ」誕生

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。