訃報 〓 セルゲイ・スロニムスキー, ロシアの作曲家

2020/02/10

ロシアの作曲家でピアニストのセルゲイ・スロニムスキー(Sergei Slonimsky)が9日、サンクト・ペテルブルクの自宅で亡くなった。88歳だった。戦後のロシアを代表する作曲家の一人で、34の交響曲、8つのオペラ、3つのバレエ、室内楽と声楽、映画や演劇のための音楽など、幅広いジャンルの音楽を書いている。サンクト・ペテルブルク音楽院の教授を長く務めた。作家のミハイル・スロニムスキーを父に持ち、作曲家のニコラス・スロニムスキーは伯父。1957年からソ連の作曲家連合のメンバーを務め、1987年に人民芸術家、2002年にロシア連邦国家賞。

ソヴィエト時代のレニングラード生まれ、大戦前から音楽の勉強を始め、大戦中はペルミとモスクワの中央音楽学校で学び、ボリス・アラポフやヴィッサリオン・シェバリーン、オレスト・イェフラホフに作曲を、アンナ・アルトボレフスカヤとサマリ・サフシンスキーにピアノを師事。その後、レニングラード音楽院で学び、1958年に大学院を終えて母校の教員となり、門下からウラディーミル・コベキンらを輩出した。1960年代、1970年代には、ソ連国内で古今のロシア民謡を採集。12音音技法などの新しい音楽語法も積極的に取り組んだ。

写真:reMusik.org

関連記事

  1. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  2. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場など、オーストリアの劇場閉鎖は3月末までに延長

  3. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  4. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  5. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  6. フィラデルフィア発 〓 ピアニストのゲイリー・グラフマンがカーティス音楽院を退任

  7. サンフランシスコ発 〓 カーテンコールでプロポーズ、結果は大成功!

  8. フライブルク発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にアンドレ・デ・リッダー

  9. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  10. パリ発 〓 パリ国立オペラが新制作の《アイーダ》をストリーミング配信

  11. デュッセルドルフ発 〓 アルペシュ・チャウハンがデュッセルドルフ交響楽団の首席客演指揮者に

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  13. バレンシア発 〓 バレンシア管弦楽団の次期首席指揮者にアレクサンダー・ リーブライヒ

  14. ロンドン発 〓 ロンドン響が新シーズン開幕直後に中国、ベトナムへ

  15. ロサンゼルス発 〓 ガーセッティ市長がイベントの年内解禁に疑問符

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。