訃報 〓 レイヴン・ウィルキンソン、米国のバレリーナ

2018/12/20

アフリカ系の米国人女性として初めて世界的なバレエ団のメンバーになったことで知られる米国のバレリーナ、レイヴン・ウィルキンソン(Raven Wilkinson)が19日に亡くなった。83歳だった。死因などは明らかにされていない。ウィルキンソンは1935年、ニューヨーク生まれ。幼い頃からバレエの世界に入り、20歳だった1955年に「バレエ・リュス・ド・モンテカルロ」に入団。5人のソリストの一員として活躍したが、米国南部へのツアーで激しい人種差別にさらされたことなどから居場所を失って1961年に退団した。

その後、デパートの売り子、修道院での生活を経験してからバレエの世界に戻り、1967年にオランダ国立バレエ団に入団、ソリストとして活躍した。1974年には米国に戻ってニューヨーク・シティ・オペラに入団。1985年まで現役を続け、その後も2011年までキャラクター・ダンサーとして活動を続けた。アメリカン・バレエ・シアター(American Ballet Theatre)でプリンシパルダンサーの地位を獲得した最初のアフリカ系米国人ミスティ・コープランド(Misty Copeland)から師として慕われていた。

写真:Dance Magazine / Cherylynn Tsushima





関連記事

  1. 訃報 〓 フランスの作曲家、ミシェル・ルグラン

  2. METサマーHDフェスティバル 〓 この夏のラインナップを発表

  3. トロント発 〓 トロント響がアンドルー・デイヴィスにサプライズ・プレゼント

  4. ハンブルク発 〓 ハンブルグ交響楽団がアルゲリッチ迎えて「6月音楽祭」を創設

  5. 訃報 〓 ジョージ・ナイクルグ, 米国のチェロ奏者

  6. ワシントン発 〓 女性9人がドミンゴのセクハラを告発

  7. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  8. コルドバ発 〓 コルドバ管弦楽団が芸術監督にカルロス・ドミンゲス=ニエト

  9. シドニー発 〓 オペラハウスに映し出された広告が物議

  10. アムステルダム発 〓 オランダ放送フィルの次期首席指揮者にカネラキス

  11. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  12. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  13. ハンブルク発 〓 難民たちに州立歌劇場が《ナブッコ》のコーラスへの参加呼びかけ

  14. 訃報 〓 イタリアのバリトン歌手クラウディオ・デズデーリが死去

  15. 第2回「スピヴァコフ国際ヴァイオリン・コンクール」はスペインのマリア・ドゥエニャスが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。