ボン発 〓 ピアニストのマリア・ジョアン・ピレシュに2021年のベートーヴェン賞

2021/12/25

ドイツ・ボンにあるベートーヴェン・アカデミーがこのほど、2021年のベートーヴェン賞をピアニストのマリア・ジョアン・ピレシュ(Maria João Pires)に贈ると発表した。自ら教鞭を執るベルギーのエリザベート王妃音楽院で展開している若手音楽家育成プロジェクト「パルティトゥーラ・プロジェクト」が評価された。

ピレシュは1944年、ポルトガルの首都リスボン生まれの77歳。ベートーヴェン・アカデミーは2016年に設立された団体で、創立時からベートーヴェン賞を国際的な活躍を続けているアーティストに贈ってきた。2016年はファジル・サイ、2017年はヴォルフガング・ニーデケン、2018年はガブリエラ・モンテーロ、2019年はイゴール・レヴィット、2020年はパティ・スミス。

写真:Gulbenkian Música / Caroline Doubter/a>


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  2. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が4月後半のストリーミング配信のラインナップを発表

  3. リヨン発 〓 ソプラノのナタリー・デセイ、2025年をもってクラシック音楽界からの引退を発表

  4. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  5. ボストン発 〓 ボストン響が年内の公演を断念

  6. パリ発 〓 パリ国立オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが新しいリサイタル・シリーズを無料でストリーミング配信

  8. ハンブルク発 〓 「ドイツ・グラモフォン」がブルース・リューと独占録音契約

  9. エアフルト発 〓 指揮者のアレクサンダー・プライアーが着任したばかりの市立劇場の音楽総監督を退任

  10. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭が“縮小版”プログラムを発表

  11. 東京発 〓 日本フィルの首席客演指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  12. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  13. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  14. リバプール発 〓 ロイヤル・リバプール・フィルの次期首席指揮者にドミンゴ・インドヤン

  15. 訃報 〓 カルロ・フランチ(91)イタリアの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。