ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラの芸術監督にアンニリース・ミスキモン

2019/10/17

イングリッシュ・ナショナル・オペラ(ENO)の芸術監督が交代することになった。新しく芸術監督に就任するのは、演出家のアンニリース・ミスキモン(Annilese Miskimmon)。2017/2018シーズンからオスロのノルウェー国立オペラ・バレエの芸術監督を務めている。ENOの芸術監督は2016年からダニエル・クレイマーが務めているが、彼は辞任を申し出ており、任期は今シーズン2019/2020シーズンから。

ミスキモンは1974年、北アイルランド・ベルファスト近くのバンゴールの生まれ。ケンブリッジのクライスト・カレッジで英文学を学び、ロンドンのシティ大学でアートマネジメントを学んで演出の世界へ。2005年から2013年まで、母国のオペラシアター・カンパニー・アイルランドの芸術監督を務めた。その後、デンマーク国立オペラの芸術監督を経て、オスロへ。オスロは2019/2020シーズンで退任するという。

イングリッシュ・ナショナル・オペラはオペラをすべて英語で上演、ロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)に比べて料金を低く抑えているのが特徴。前身は1931年に設立されたヴィック=ウェルズ・オペラで、その後、サドラーズ・ウェルズ・オペラとなり、本拠地をロンドン・コロシアム (London Coliseum)に移した1974年から現在の名称となった。歴代の音楽監督にはコリン・デイヴィス、チャールズ・マッケラス、マーク・エルダーなどがおり、2016年からはマーティン・ブラビンズ。

写真:Bjørn Langsem / Den Norske Opera & Ballett


関連記事

  1. ザルツブルク発 〓 ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  2. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが“ドライブイン・オペラ”

  3. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  4. デトロイト発 〓 デトロイト響の次期音楽監督にヤデル・ビニャミーニ

  5. ベルリン発 〓 ロビン・ティチアーティがベルリン・ドイツ響との契約を延長

  6. 東京発 〓 音楽大学「上野学園大学」が来年度から学生の新規募集を停止

  7. サンタンデール発 〓 スペインの音楽祭は8月催行へ

  8. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  9. ハノイ発 〓 ベトナムを代表するオペラ歌手、義兄に刺殺される

  10. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス, 米国のメゾ・ソプラノ歌手

  11. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  12. ハンブルク発 〓 ハンブルク・バレエ団がマカオ公演をキャンセル

  13. ロサンゼルス発 〓 アカデミー賞授賞式の指揮台に初の女性指揮者

  14. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  15. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。