ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラの芸術監督にアンニリース・ミスキモン

2019/10/17
【最終更新日】2021/03/08

イングリッシュ・ナショナル・オペラ(ENO)の芸術監督が交代することになった。新しく芸術監督に就任するのは、演出家のアンニリース・ミスキモン(Annilese Miskimmon)。2017/2018シーズンからオスロのノルウェー国立オペラ・バレエの芸術監督を務めている。ENOの芸術監督は2016年からダニエル・クレイマーが務めているが、彼は辞任を申し出ており、任期は今シーズン2019/2020シーズンから。

ミスキモンは1974年、北アイルランド・ベルファスト近くのバンゴールの生まれ。ケンブリッジのクライスト・カレッジで英文学を学び、ロンドンのシティ大学でアートマネジメントを学んで演出の世界へ。2005年から2013年まで、母国のオペラシアター・カンパニー・アイルランドの芸術監督を務めた。その後、デンマーク国立オペラの芸術監督を経て、オスロへ。オスロは2019/2020シーズンで退任するという。

イングリッシュ・ナショナル・オペラはオペラをすべて英語で上演、ロイヤル・オペラに比べて料金を低く抑えているのが特徴。前身は1931年に設立されたヴィック=ウェルズ・オペラで、その後、サドラーズ・ウェルズ・オペラとなり、1968年に本拠地をロンドン・コロシアムに移し、1974年から現在の名称となった。歴代の音楽監督にはコリン・デイヴィス、チャールズ・マッケラス、マーク・エルダーなどがおり、2016年からはマーティン・ブラビンズ。

写真:Bjørn Langsem / Den Norske Opera & Ballett


関連記事

  1. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  2. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  3. 訃報 〓 ハンス・ドレヴァンツ, ドイツの指揮者

  4. 高雄発 〓 台湾最大の総合芸術センターがオープン

  5. ロンドン発 〓 カリーナ・カネラキスがロンドン・フィルの首席客演指揮者に

  6. ベルン発 〓 スイスの劇場閉鎖、2月末まで延長の方向

  7. ストックホルム発 〓 ダニエル・ハーディングがスウェーデン放送交響との契約を延長

  8. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがチケット発売延期

  9. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  10. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  11. シカゴ発 〓 シカゴ・リリック・オペラも2020/2021シーズン全体をキャンセル

  12. ナント発 〓 国立ロワール管が新シーズンのラインナップ発表を見送り

  13. サンクト・ペテルブルク発 〓 ミハイロフスキー劇場の音楽監督にアレヴティナ・ヨッフェ、ロシア初の女性音楽監督

  14. チェルトナム発 〓 今年のフェスティバルの開催中止を発表

  15. ヘルシンキ発 〓 シベリウス・コンクールがロシア人二人の参加を取消

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。