ウィーン発 〓 国立歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/04/30

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は以下の6作品で、開幕を飾るのは、カリスト・ビエイトが演出を手掛ける《嘆きの歌》と《亡き子を偲ぶ歌》。

テノールの尼子は日本人の父親とウェールズ生まれの英国人を母親に持ち、英国で育ち、英国王立音楽院大学院修了。昨年9月に行われた第3回「ヘルムート・ドイチュ国際歌曲コンクール」で優勝している。

2022年9月29日
マーラー《嘆きの歌》
マーラー《亡き子を偲ぶ歌》

[演出]カリスト・ビエイト
[指揮]ロレンツォ・ヴィオッティ
[出演]フローリアン・ベッシュ / ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー / ヴェラ=ロッテ・ベッカー / ダニエル・イェンツ

2022年12月4日
ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》
[演出]キース・ウォーナー
[指揮]フィリップ・ジョルダン
[出演]ミヒャエル・ヴォッレ / デヴィッド・バット・フィリップ / ハンナ=エリーザベト・ミュラー / ヴォルフガング・コッホ / ゲオルク・ツェッペンフェルト

2023年2月2日
リヒャルト・シュトラウス《サロメ》
[演出]シリル・テスト
[指揮]フィリップ・ジョルダン
[出演]マリン・ビストレム / イアン・パターソン / ゲルハルト・シーゲル / ミヒャエラ・シュースター / 尼子広志 / パトリシア・ノルツ

2023年3月11日
モーツァルト《フィガロの結婚》
[演出]バリー・コスキー
[指揮]フィリップ・ジョルダン
[出演]アンドレ・シュエン / ハンナ=エリーザベト・ミュラー / イン・ファン(=方穎) / ペーター・ケルナー / パトリシア・ノルツ / ステファニー・ハウツィール / ジョシュ・ロヴェル / アンドレア・ジョバンニ / ステファン・チェルニー / ヴォルフガング・バンクル / ミリアム・クトロヴァッツ

2023年4月2日
モンテヴェルディ《ウリッセの帰還》
[演出]ヨッシ・ヴィーラー&セルジオ・モラビト
[指揮]パブロ・エラス=カサド
[出演]ゲオルク・ニグル / ケイト・リンゼー / ジョシュ・ロヴェル / 尼子広志 / アンドレア・マストローニ / ヨルグ・シュナイダー / ヘレン・シュナイダーマン

2023年5月21日
プーランク《カルメル派修道女の対話》
[演出]マグダレーナ・フックスベルガー
[指揮]ベルトラン・ド・ビリー
[出演]サビーヌ・ドゥヴィエル / ミヒャエラ・シュースター / ニコール・カー / イヴ=モー・ユボー / マリーナ・ナザロヴァ / ベルナール・リヒター / ミヒャエル・クラウス

写真:Wiener Staatsoper / Michael Pöhn


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. マンハイム発 〓 マンハイム国民劇場が新制作の《さまよえるオランダ人》をストリーミング配信

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが「ヨーロッパ・コンサート」の開催地を変更、ウクライナのオデーサからラトビアのリエパーヤへ

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  4. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  5. 訃報 〓 エリン・ウォール(44)カナダのソプラノ歌手

  6. ロンドン発 〓 アンドルー・ロイド・ウェバーの新作ミュージカル《シンデレラ 》の開幕を延期

  7. 浜松発 〓 浜松国際ピアノ・コンクールが第11回の開催中止を発表

  8. 札幌発 〓 札響の次期首席指揮者にエリアス・グランディ

  9. カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

  10. トロント発 〓 トロント響が歴代の音楽監督5人が共演する特別コンサート

  11. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが昨年秋公開の《魔笛》をストリーミング

  12. ウィーン発 〓 国立バレエの芸術監督にアレッサンドラ・フェリ

  13. 訃報 〓 服部克久(83)日本の作曲家

  14. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールが延期を発表

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が公演継続のメッセージ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。