バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが新型コロナウイルス検査で陽性反応

2020/03/15

バーミンガム市交響楽団(City of Birmingham Symphony Orchestra)は音楽監督を務めるミルガ・グラジニーテ=ティーラ(Mirga Gražinytė-Tyla)が新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを発表した。

ミルガはリトアニアの首都ヴィリニュス生まれの33歳。昨年、女性指揮者として史上初めてドイツ・グラモフォン(Deutsche Grammophon)と専属契約を結んで話題を集めた。

目下、二人目の子を妊娠中で8月に出産の予定。未婚でパートナーの名前は公開しておらず、最初の男の子は2018年8月に生まれている。

バーミンガム市響では2016年にアンドリス・ネルソンスの後任として音楽監督に就任、昨年の契約延長で、任期は2021年まで伸びている。オーケストラによると、自宅で静養中という。

新型コロナウイルスの感染拡大でヨーロッパ大陸の国々では大規模イベントの開催が制限され、音楽イベントが次々にキャンセルされているが、英国ではこれまで通り公演が続いている。

写真:BBC / City of Birmingham Symphony Orchestra / Chris Christodoulou

関連記事

  1. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  2. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新しい公演スケジュールを発表

  3. ローマ発 〓 ムーティがコンテ首相に劇場再開を求める公開書簡

  4. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  5. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

  6. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  7. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルがネット上で特別ガラ・コンサート、投稿でドレスアップ度コンテストも

  8. グラインドボーン音楽祭 〓 音楽祭の開幕延期を決定

  9. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  10. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  11. テルアビブ発 〓 トーマス・ハンプソンもイスラエルに入国できず、そのまま帰国

  12. ラヴェッロ発 〓 バルトリが「モナコ公の音楽家たち」とのツアーをスタート

  13. ラハティ発 〓 ダリア・スタセヴスカがラハティ響の首席指揮者に

  14. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  15. トリノ発 〓 王立歌劇場がストリーミング配信、毎日違った作品をアップ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。