バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが新型コロナウイルス検査で陽性反応

2020/03/15

バーミンガム市交響楽団(City of Birmingham Symphony Orchestra)は音楽監督を務めるミルガ・グラジニーテ=ティーラ(Mirga Gražinytė-Tyla)が新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを発表した。

ミルガはリトアニアの首都ヴィリニュス生まれの33歳。昨年、女性指揮者として史上初めてドイツ・グラモフォン(Deutsche Grammophon)と専属契約を結んで話題を集めた。

目下、二人目の子を妊娠中で8月に出産の予定。未婚でパートナーの名前は公開しておらず、最初の男の子は2018年8月に生まれている。

バーミンガム市響では2016年にアンドリス・ネルソンスの後任として音楽監督に就任、昨年の契約延長で、任期は2021年まで伸びている。オーケストラによると、自宅で静養中という。

新型コロナウイルスの感染拡大でヨーロッパ大陸の国々では大規模イベントの開催が制限され、音楽イベントが次々にキャンセルされているが、英国ではこれまで通り公演が続いている。

写真:BBC / City of Birmingham Symphony Orchestra / Chris Christodoulou

関連記事

  1. 東京発 〓 東京フィルが2022シーズンの定期演奏会ラインナップを発表、バッティストーニ、チョン、プレトニョフが揃い踏み

  2. ベルリン発 〓 ドイツが過去最大規模の21億ユーロで文化支出を支援

  3. ライプツィヒ発 〓 18代目の「トーマスカントル」にアンドレアス・ライズが就任

  4. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  5. 訃報 〓 ペーター・スヴェンソン, ドイツのテノール歌手

  6. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  7. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  8. チューリッヒ発 〓 ヴァイオリニストのダニエル・ホープがチューリッヒ室内管との契約を延長

  9. モントリオール発 〓 モントリオール響がロシアの若手ピアニストの出演をキャンセル、ウクライナ・コミュニティーと楽団員の反発で

  10. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席客演指揮者にヤクブ・フルシャ

  11. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居の改修工事始まる、博物館としてリニューアル

  12. ロンドン発 〓 発表、オペラ・アワード2018

  13. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  14. 大阪発 〓 久石譲が日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者に

  15. ロサンゼルス発 〓 カルダー四重奏団のメンバーが交代

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。