訃報 〓 ルース・ファルコン(77)アメリカのソプラノ歌手

2020/10/12
【最終更新日】2023/02/06

アメリカのソプラノ歌手ルース・ファルコン(Ruth Falcon)が亡くなった。77歳だった。メトロポリタン歌劇場をはじめとする欧米の歌劇場で活躍し、引退後は指導者として活躍した。

ニューオーリンズにあるロヨラ大学、チューレーン大学で学んだ後、1968年にニューオリンズ・オペラ協会の《カルメン》にフラスキータ役で出演してオペラ・デビュー。1974年にはミカエラ役でニューヨーク・シティ・オペラにデビューした。

その後、渡欧してミュンヘンのバイエルン州立歌劇場に専属メンバーとして6年在籍、レパートリーを磨き、その後、ヨーロッパの主要歌劇場に出演を重ねた。帰国後の1989年、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場に《影のない女》皇后役でデビューした。

ドラマティックな役柄を得意とし、メトロポリタン歌劇場には《エレクトラ》のクリソテミス役、《トゥーランドット》のタイトルロール役を歌っている。最後のステージは、1996/1997シーズンの《ヘンゼルとグレーテル》。

引退後は、ニューヨークを拠点にマネス音楽院で後進の指導に務め、母校のチューレーン大学でも教鞭を執った。教え子にアイノア・アルテータ、ダニエル・ドゥ・ニース、ソンドラ・ラドヴァノフスキー、ナディーン・シエラがいる。

写真:YouTube





関連記事

  1. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  2. ジュネーヴ発 〓 ジュネーヴ大劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場がポネル演出の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  4. チューリッヒ発 〓 トーンハレが9月にリニューアル・オープン

  5. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールがゲルギエフに“追加制裁”、5月のマリインスキー管との公演もキャンセル

  6. ロンドン発 〓 英政府が「女王誕生日の叙勲」リストを発表

  7. ドレスデン発 〓 ドレスデン・フィルの次期首席指揮者にドナルド・ラニクルズ

  8. サルヴァドール発 〓 ピアノのマリア・ジョアン・ピレシュが心臓疾患で当面の活動を休止

  9. ドレスデン発 〓 マレク・ヤノフスキがコンサート形式による新しい“リング・チクルス”、手兵のドレスデン・フィルと

  10. マドリード発 〓 スペイン国立管が首席指揮者・芸術監督のダーヴィト・アフカムとの契約を延長

  11. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭の《ワルキューレ》でヴォータン役のトマス・コニエチュニーが怪我で途中降板

  12. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管弦楽団の次期首席指揮者にアントニー・ヘルムス

  13. ミラノ発 〓 スカラ座の合唱団メンバーから陽性反応、新型コロナウイルス

  14. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールはブラッドフォードで開催

  15. ブカレスト発 〓 国立歌劇場のスタッフが新型コロナウイルスに感染、当面の公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。