訃報 〓 ルース・ファルコン, アメリカのソプラノ歌手

2020/10/12

アメリカのソプラノ歌手ルース・ファルコン(Ruth Falcon)が亡くなった。77歳だった。メトロポリタン歌劇場をはじめとする欧米の歌劇場で活躍し、引退後は指導者として活躍した。

ニューオーリンズにあるロヨラ大学、チューレーン大学で学んだ後、1968年にニューオリンズ・オペラ協会の《カルメン》にフラスキータ役で出演してオペラ・デビュー。1974年にはミカエラ役でニューヨーク・シティ・オペラにデビューした。

その後、渡欧してミュンヘンのバイエルン州立歌劇場に専属メンバーとして6年在籍、レパートリーを磨き、その後、ヨーロッパの主要歌劇場に出演を重ねた。帰国後の1989年、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場に《影のない女》皇后役でデビューした。

ドラマティックな役柄を得意とし、メトロポリタン歌劇場には《エレクトラ》のクリソテミス役、《トゥーランドット》のタイトルロール役を歌っている。最後のステージは、1996/1997シーズンの《ヘンゼルとグレーテル》。

引退後は、ニューヨークを拠点にマネス音楽院で後進の指導に務め、母校のチューレーン大学でも教鞭を執った。教え子にアイノア・アルテータ、ダニエル・ドゥ・ニース、ソンドラ・ラドヴァノフスキー、ナディーン・シエラがいる。

写真:YouTube





関連記事

  1. ロンドン発 〓 王立音楽院がパッパーノ、カウフマンに名誉博士号

  2. パリ発 〓 パリ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが7月末までの公演をすべてキャンセル

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  6. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  7. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  8. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ラヴェッロ発 〓 バルトリが「モナコ公の音楽家たち」とのツアーをスタート

  11. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  12. パリ発 〓 ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエの二人が芸術存続のための政府の行動求める署名運動をスタート

  13. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  14. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィルのコンサートマスターに

  15. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。