東京発 〓 紀尾井ホール室内管弦楽団の次期首席指揮者にトレヴァー・ピノック

2021/08/15

紀尾井ホール室内管弦楽団(Kioi Hall Chamber Orchestra Tokyo)が次期首席指揮者にイギリスのトレヴァー・ピノック(Trevor Pinnock)を迎えると発表した。ライナー・ホーネックの後任で第3代首席指揮者となる。任期は2022年度シーズンから3年間。

ピノックはカンタベリー生まれの74歳。少年時代からカンタベリー大聖堂の聖歌隊員を務めるかたわら、ピアノとオルガンを学び、その後、ロンドンの王立音楽大学(RCM)に進んでチェンバロとオルガンを修めた。学生時代から「ガリヤード・トリオ」を結成、アカデミー室内管弦楽団などで演奏を重ねた。

1973年にオリジナル楽器によるアンサンブル「イングリッシュ・コンサート」を設立して、指揮、独奏の双方で活発な活動を行い、また、数々の録音で名声を確立。2003年に「イングリッシュ・コンサート」の音楽監督をヴァイオリン奏者のアンドルー・マンゼに引き継いでからはフリーの演奏家として活動している。

紀尾井ホール室内管弦楽団にデビューしたのは、旧・紀尾井シンフォニエッタ東京時代の2004年10⽉。以後、2020年2⽉の特別演奏会まで、これまでに計5回客演している。今後は首席指揮者として、定期演奏会の指揮台に年2回登場する。

    もっと詳しく ▷


写真:Trevor Pinnock / Tomoko Hidaki


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  2. 訃報 〓 アンドレア・ギオー, フランスのソプラノ歌手

  3. ベルリン発 〓 ベルリン交響楽団の次期首席指揮者にハンスイェルク・シェレンベルガー

  4. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  5. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  6. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴスティン, ロシアの作曲家

  7. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭の開催の最終判断は5月20日に

  8. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  9. ブッパータール発 〓 市の音楽総監督に25歳のパトリック・ハーン

  10. ローマ発 〓 イタリア、再びロックダウンへ

  11. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  12. ロサンゼルス発 〓 夏の風物詩「ハリウッドボウル」も開催中止

  13. ストックホルム発 〓 アンナ・ネトレプコに「ポーラー音楽賞」

  14. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日に《皇帝ティートの慈悲》の公演で再開場、公演のストリーミング配信も

  15. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。