モスクワ発 〓 ユロフスキがスヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団との契約を延長

2019/10/17

指揮者のウラディーミル・ユロフスキ(Vladimir Jurowsky)がスヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団(Svetlanov State Academic Symphony Orchestra of Russia)との契約を延長した。ユロフスキは2011年から芸術監督兼首席指揮者を務めている。契約延長で任期は2020/2021シーズン終了まで伸びる。

ユロフスキは2007/2008シーズンからロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務め、2017/2018シーズンからはベルリン放送交響楽団の首席指揮者も兼任。2021/2022シーズンからバイエルン州立歌劇場の音楽総監督に就任することが決まっている。

ロシア国立交響楽団は1936年、モスクワに設立されたオーケストラ。1991年までのソビエト連邦時代は、ソヴィエト国立交響楽団の名称が使われていた。2006年からオーケストラに多大な貢献をした指揮者のエフゲニー・スヴェトラーノフの名前が付けられるようになった。

写真:IMG


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  2. リエージュ発 〓 ワロン王立歌劇場が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  3. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン, 米国のソプラノ歌手

  4. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  5. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が4月後半のストリーミング配信のラインナップを発表

  6. ロサンゼルス発 〓 ヒドゥル・グドナドッティルがゴールデングローブ賞の作曲賞を受賞

  7. 東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  9. 東京発 〓 新国立劇場も閉鎖

  10. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  11. 訃報 〓 ハリー・クプファー, ドイツの演出家

  12. 大津発 〓 びわ湖ホールが《神々の黄昏》を無観客公演に、同時に無料ストリーミング配信

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  14. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  15. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルは開催

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。