モスクワ発 〓 ユロフスキがスヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団との契約を延長

2019/10/17

指揮者のウラディーミル・ユロフスキ(Vladimir Jurowsky)がスヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団(Svetlanov State Academic Symphony Orchestra of Russia)との契約を延長した。ユロフスキは2011年から芸術監督兼首席指揮者を務めている。契約延長で任期は2020/2021シーズン終了まで伸びる。

ユロフスキは2007/2008シーズンからロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務め、2017/2018シーズンからはベルリン放送交響楽団の首席指揮者も兼任。2021/2022シーズンからバイエルン州立歌劇場の音楽総監督に就任することが決まっている。

ロシア国立交響楽団は1936年、モスクワに設立されたオーケストラ。1991年までのソビエト連邦時代は、ソヴィエト国立交響楽団の名称が使われていた。2006年からオーケストラに多大な貢献をした指揮者のエフゲニー・スヴェトラーノフの名前が付けられるようになった。

写真:IMG


関連記事

  1. ローマ発 〓 ローマ歌劇場がストリーミング配信のラインナップを発表

  2. ストックホルム発 〓 ロイヤル・ストックホルム・フィルが聴衆なしの3回のコンサートを配信

  3. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  4. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭の開催の最終判断は5月20日に

  5. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  6. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  7. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  8. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  9. 訃報 〓 ミレッラ・フレーニ, イタリアのソプラノ歌手

  10. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  11. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスで第3回「オーパス・クラシック」の授賞式

  12. ワルシャワ発 〓 第18回「ショパン国際ピアノ・コンクール」予備予選の開催延期

  13. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  14. 東京発 〓 第3弾のラインナップを発表、新国立劇場の「巣ごもりシアター」

  15. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。