ロンドン発 〓 「グラモフォン・アワード2019」の年間賞など発表

2019/10/18

英国のクラシック音楽専門誌「グラモフォン」による「グラモフォン・アワード2019=Gramophone Classical Music Awards」の授賞式が16日、ロンドンで行われた。賞は1977年の創設で、前年1年の録音が対象。クラシック音楽界で最も権威のある賞の一つ。「グラモフォン」誌の批評家などを中心に、放送局や音楽業界のさまざまなメンバーによって選出されている。受賞者は以下の通り。

年間賞
[Artist of the Year]アイスランドのピアニスト、ヴィキングル・オラフソン(Vikingur Olafsson, 1984-)
[Concept Album]ギタリストのショーン・シベ(Sean Shibe, 1992-)のアルバム「softLOUDソフトラウド~アコースティック&エレクトリック・ギターのための音楽」
[Label of the Year]PENTATONE
[Lifetime Achievement]エマ・カークビー(Emma Kirkby, 1949-)
[Orchestra of the Year]ホンコン・フィルハーモニー管弦楽団
[Special Achievement]ビルギット・ニルソン財団
[Young Artist of the Year]ポーランドのカウンターテナー歌手、ヤクブ・ヨセフ・オルリンスキ (Jakub Józef Orliński, 1990-)
[Recording of the Year]フランスのピアニスト、ベルトラン・シャマユ(Bertrand Chamayou,1981-)によるサン=サーンスのピアノ協奏曲第2番、第5番「エジプト風」他の録音


録音賞
[Chamber]ドビュッシー:最後の3つのソナタ集 / イザベル・ファウスト他
[Choral]ブクステフーデ:合唱と室内楽作品集 / オリヴィエ・フォルタン、アンサンブル・マスク他
[Concerto]サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番、第5番「エジプト風」他 / ベルトラン・シャマユ他
[Contemporary]ブレット・ディーン:オペラ《ハムレット》 / グラインドボーン音楽祭
[Early Music]カルドーゾ: レクイエム他 / ルイス・トスカノ指揮・クペルチノス他
[Instrumental]ベルリン・リサイタル / ユジャ・ワン
[Opera]アレヴィ:オペラ《キプロスの女王》 / エルヴェ・ニケ指揮・パリ室内管弦楽団他
[Orchestral]ランゴー:交響曲第2番「春の目覚め」、交響曲第6番他 / サカリ・オラモ指揮・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団他
[Recital]カヴァッリ:オペラ・アリア集 / フィリップ・ジャルスキー他
[Solo Vocal]シューマン:歌曲全集第1巻「フラーゲ=問い」 / クリスティアン・ゲルハーヘル他


写真:Gramophone / Askew Miller


関連記事

  1. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  2. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  3. 別府発 〓 アルゲリッチ音楽祭の中止が決定

  4. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  5. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラの芸術監督にアンニリース・ミスキモン

  6. 訃報 〓 マルチェッロ・ジョルダーニ, イタリアのオペラ歌手

  7. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルが6月の中国、韓国ツアーをキャンセル

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  9. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  10. 東京発 〓 新国立劇場が2020/2021シーズンの公演ラインアップを発表

  11. パリ発 〓 国立オペラのリスナー総裁が新制作のキャンセルに言及、長引くストライキの影響で

  12. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  13. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  14. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  15. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。