ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

2019/04/03
【最終更新日】2020/04/06

ベルリン放送交響楽団(Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin)が首席客演指揮者に米国人のカリーナ・カネラキス(Karina Canellakis)を迎えることになった。

ベルリン放送響は1923年の設立。第二次大戦後は東ドイツに属し、ドイツ統一後もそのままベルリン放送オーケストラとして活動している。

首席指揮者は2017年からウラディーミル・ユロフスキはが務めている。任期は2022/23シーズンまであるが、ユロフスキは2021/2022シーズンからバイエルン州立歌劇場の音楽総監督に就任することが決まっている。

カネラキスは1981年、ニューヨーク生まれ。ヴァイオリン奏者としてスタート、ジュリアード音楽院を卒業した。

その後、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のオーケストラ・アカデミーなどで研鑽を積んだ後、指揮者に転身。2016年にショルティ指揮者コンクールで優勝した。

ダラス交響楽団でヤープ・ヴァン・ズヴェーデンのアシスタントなどを経て、2019/2020シーズンからオランダ放送フィル(Radio Filharmonisch Orkest)の首席指揮者に就任する。

写真:karinacanellakis.com


関連記事

  1. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  2. ベルリン発 〓 劇場とホールの閉鎖は4月中旬まで

  3. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが7月末までの公演をすべてキャンセル

  4. ベオグラード発 〓 準・メルクルの投稿、思わぬ波紋

  5. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウがリベンジへ、来年5月に「マーラー・フェスティバル」

  6. 訃報 〓 エンニオ・モリコーネ, イタリアの作曲家

  7. 訃報 〓 クリスティアーヌ・エダ=ピエール, フランスのソプラノ歌手

  8. 訃報 〓 エツィオ・ボッソ, イタリアのピアニスト・作曲家・指揮者

  9. ライプツィヒ・バッハ音楽祭 〓 ピアニストのアンジェラ・ヒューイットに「バッハ・メダル」、女性で初

  10. アムステルダム発 〓 オランダも8月いっぱいイベント禁止、オランダ芸術祭も中止

  11. クラクフ発 〓 ジョルディ・サヴァール一行がポーランドで新型コロナウイルスに感染

  12. 訃報 〓 ノルベルト・バラチュ, オーストリアの合唱指揮者

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  14. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  15. 訃報 〓 ビセルカ・ツヴェイチ, セルビアのメゾ・ソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。