ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

2019/04/03

ベルリン放送交響楽団(Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin)が首席客演指揮者に米国人のカリーナ・カネラキス(Karina Canellakis)を迎えることになった。ベルリン放送交響楽団は1923年の設立。第二次大戦後は旧・東独に属し、ドイツ統一後もそのままベルリン放送オーケストラとして活動している。2017年からウラディーミル・ユロフスキが首席指揮者を務めており、任期は2022/23シーズンまで。ユロフスキは2021/2022シーズンからバイエルン州立歌劇場の音楽総監督に就任することが決まっており、当面は兼任する。

カネラキスは1981年、ニューヨーク生まれ。ヴァイオリン奏者としてスタート、ジュリアード音楽院を卒業した。その後、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のオーケストラ・アカデミーなどで研鑽を積んだ後、指揮者に転身。2016年にショルティ指揮者コンクールで優勝した。ダラス交響楽団でヤープ・ヴァン・ズヴェーデンのアシスタントなどを経て、2019/2020シーズンからオランダ放送フィル(Radio Filharmonisch Orkest)の首席指揮者に就任する。

写真:karinacanellakis.com


関連記事

  1. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール、1位はドガーディン、2位に北川

  2. アントワープ発 〓 フランダース・オペラの音楽監督にアレホ・ペレス

  3. ウィーン発 〓 アルゲリッチがコンツェルトハウスの名誉会員に

  4. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクがベルリン・フィルのコンサート・マスターに

  5. パレルモ発 〓 テアトロ・マッシモの音楽監督にオメール・メイア・ヴェルバー

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、音楽総監督にユロフスキ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。