ウィーン発 〓 楽友協会のトーマス・アンギャン総裁が退任

2019/04/04

ウィーン楽友協会(Wiener Musikverein)総裁を長く務めてきたトーマス・アンギャン(Thomas Angyan)が2020年6月末で退任することになった。協会は1812年の設立された団体で、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地として知られる楽友協会ホールの運営を行っている。アンギャンは1988年に事務総長に就任し、年間の公演数を約600公演に増やすなど、協会の“中興の祖”として知られる。後任はフランクフルトのアルテ・オパーの総監督を務めているステファン・ポーリー(Stephan Pauly)。

ポーリーは1972年、ケルン生まれ。ミュンヘンとローマで哲学、神学、演劇とオペラを学んだ。バイエルン放送の広報、バイエルン州立歌劇場のアウグスト・エファーディングのアシスタント、ウィーン国立歌劇場やミラノ・スカラ座などの制作スタッフを経て、2002年にザルツブルクの国際モーツァルテム財団の総監督に就任。2012年、フランクフルトのアルテ・オパーの総監督に就任した。

写真:Alten Oper Frankfurt


関連記事

  1. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  2. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア国立劇場の音楽監督が交代

  3. ロンドン発 〓 フェリックス・ミルデンベルガーが「ドナテッラ・フリック指揮者コンクール」で優勝

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが「オーケストラ・アカデミー」

  5. ミラノ発 〓 スカラ座総裁にウィーン国立歌劇場総裁のドミニク・マイヤー

  6. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのバイオリン部門はステラ・チェンが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。