ウィーン発 〓 楽友協会のトーマス・アンギャン総裁が退任

2019/04/04

ウィーン楽友協会(Wiener Musikverein)総裁を長く務めてきたトーマス・アンギャン(Thomas Angyan)が2020年6月末で退任することになった。協会は1812年の設立された団体で、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地として知られる楽友協会ホールの運営を行っている。アンギャンは1988年に事務総長に就任し、年間の公演数を約600公演に増やすなど、協会の“中興の祖”として知られる。後任はフランクフルトのアルテ・オパーの総監督を務めているステファン・ポーリー(Stephan Pauly)。

ポーリーは1972年、ケルン生まれ。ミュンヘンとローマで哲学、神学、演劇とオペラを学んだ。バイエルン放送の広報、バイエルン州立歌劇場のアウグスト・エファーディングのアシスタント、ウィーン国立歌劇場やミラノ・スカラ座などの制作スタッフを経て、2002年にザルツブルクの国際モーツァルテム財団の総監督に就任。2012年、フランクフルトのアルテ・オパーの総監督に就任した。

写真:Alten Oper Frankfurt


関連記事

  1. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響の次期首席指揮者に英国のニコラス・コロン

  2. テルアビブ発 〓 メータがイスラエル・フィルと“さよならコンサート”

  3. 浜松発 〓 第10回の国際ピアノ・コンクールはトルコのジャン・チャクムルが優勝

  4. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はネルソンス

  5. ハンブルク発 〓 アンネ・ソフィー・フォン・オッターが「#MeToo運動」に異議

  6. ウィーン発 〓 ズービン・メータがウィーン・フィルをキャンセル

  7. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  8. ボルティモア発 〓 ボルティモア交響楽団の首席オーボエ奏者が楽団のセクハラ調査をめぐって提訴

  9. 訃報 〓 中国を代表するヴァイオリニスト、盛中国

  10. 訃報 〓 イェルク・デームス, オーストリアのピアニスト

  11. ミュンヘン発 〓 カウフマンにマキシミリアン勲章

  12. ザルツブルク発 〓 ゲルギエフが《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場復帰

  13. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  14. PMF 〓 ゲルギエフ指揮で2020年にオペラを上演

  15. ローマ発 〓 復活ガッティが不整脈でダウン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。