リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/03/31

フランスのリヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。ラインナップは以下の通り。

また、2021年3月には、女性に焦点を当てるフェスティバルが行われ、以下の作品が上演される。

一方、4月には映像を核にした公演「叙情的な物語とファンタジー」も行われ、ラヴェルの《スペインの時》と《子供と魔法》、オルフ《月》が上演される。


リムスキー=コルサコフ《金鶏》 = 新制作
10.10 →
指揮:アジス・ショハキモフ
演出:バリー・コスキー


マスネ《ウエルテル》 = コンサート形式
11.20 →
指揮:ダニエレ・ルスティオーニ


ベルリオーズ《ベアトリスとベネディクト》 = 新制作
12.12 →
指揮:ダニエレ・ルスティオーニ
演出:ダミアーノ・ミケレット


ストラヴィンスキー《夜鳴きうぐいす》
1.22, 2021 →
指揮:ダニエレ・ルスティオーニ
演出:ロベール・ルパージュ


イザベル・アブルケル 《レバントの子供たち》
4.7 →
指揮:カリーネ・ロカテッリ
演出:ポーリン・ラディト


ウェーバー《魔弾の射手》 = 新制作
5.20 →
指揮:ダニエレ・ルスティオーニ
演出:ドミトリー・チャルニャコフ


……………………………………………………………………………………………

バルトーク《青ひげ公の城》 = 新制作
3.12 →
指揮:タイタス・エンゲル
演出:アンドリー・ジョルダク


デュカス《アリアーヌと青ひげ》 = 新制作
3.13 →
指揮:ロター・ケーニッヒス
演出:アレックス・オレ(ラ・フラ・デルス・バウス)


《ペレアスとメリザンド – モーリス・メーテルリンクの劇より》 = 新制作
3.14 →
演出:リシャール・ブリュネル


写真:Opéra de Lyon


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  2. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  3. ベルリン発 〓 第2ヴァイオリンの首席にマレーネ・イトウ、ベルリン・フィル

  4. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  5. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  6. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  7. ローマ発 〓 ローマ歌劇場は14日に再開場、続いて野外公演

  8. ノヴァーラ発 〓 復活した「カンテルリ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  9. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  10. フランクフルト発 〓 第9回「ショルティ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  11. 北京発 〓 中国の“ウイルス征圧”投稿が物議

  12. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  13. ケルン発 〓 指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市との契約を延長

  14. ミラノ発 〓 スカラ座がシーズン開幕ガラ・コンサートのプログラムを発表

  15. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。