リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/03/31

フランスのリヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。ラインナップは以下の通り。

また、2021年3月には、女性に焦点を当てるフェスティバルが行われ、以下の作品が上演される。

一方、4月には映像を核にした公演「叙情的な物語とファンタジー」も行われ、ラヴェルの《スペインの時》と《子供と魔法》、オルフ《月》が上演される。


リムスキー=コルサコフ《金鶏》 = 新制作
10.10 →
指揮:アジス・ショハキモフ
演出:バリー・コスキー


マスネ《ウエルテル》 = コンサート形式
11.20 →
指揮:ダニエレ・ルスティオーニ


ベルリオーズ《ベアトリスとベネディクト》 = 新制作
12.12 →
指揮:ダニエレ・ルスティオーニ
演出:ダミアーノ・ミケレット


ストラヴィンスキー《夜鳴きうぐいす》
1.22, 2021 →
指揮:ダニエレ・ルスティオーニ
演出:ロベール・ルパージュ


イザベル・アブルケル 《レバントの子供たち》
4.7 →
指揮:カリーネ・ロカテッリ
演出:ポーリン・ラディト


ウェーバー《魔弾の射手》 = 新制作
5.20 →
指揮:ダニエレ・ルスティオーニ
演出:ドミトリー・チャルニャコフ


……………………………………………………………………………………………

バルトーク《青ひげ公の城》 = 新制作
3.12 →
指揮:タイタス・エンゲル
演出:アンドリー・ジョルダク


デュカス《アリアーヌと青ひげ》 = 新制作
3.13 →
指揮:ロター・ケーニッヒス
演出:アレックス・オレ(ラ・フラ・デルス・バウス)


《ペレアスとメリザンド – モーリス・メーテルリンクの劇より》 = 新制作
3.14 →
演出:リシャール・ブリュネル


写真:Opéra de Lyon


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  2. サンディエゴ発 〓 指揮者ラファエル・パヤーレがサンディエゴ響との契約を更新

  3. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  4. 香港発 〓 コンサートホールなどまた閉鎖、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  5. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. マールボロ発 〓 マールボロ音楽祭が開催を断念

  7. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  8. ボストン発 〓 ボストン響が年内の公演を断念

  9. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  10. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  11. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭も中止

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  14. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  15. ロサンゼルス発 〓 夏の風物詩「ハリウッドボウル」も開催中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。