ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

2019/11/17

ワシントンを本拠地とするナショナル交響楽団(National Symphony Orchestra)がロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)のレーベル「LSO Live」を通じて録音を出していくことになった。音楽監督を務めるジャナンドレア・ノセダ(Gianandrea Noseda)はロンドン交響楽団の首席客演指揮者を務めており、両者の橋渡し役を務めたという。

最初に登場するのは、今年6月に録音されたアルバム。コープランドのバレエ音楽《ビリー・ザ・キッド》の組曲とドボルザークの交響曲第9番《新世界より》が収録されている。「LSO Live」では、マリインスキー劇場やキングス・カレッジの録音もリリースしている。

写真:NSO / Scott Suchman


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス, 米国のメゾ・ソプラノ歌手

  2. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  3. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  4. ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールがハレルを偲ぶオンライン演奏会

  6. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  7. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  8. ロサンゼルス発 〓 第92回「アカデミー賞」の作曲賞に『ジョーカー』のヒドゥル・グドナドッティル

  9. ニューヨーク発 〓 全米は3月いっぱい公演キャンセル、アンドレ・リュウもツアー中止

  10. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  11. ロサンゼルス発 〓 カルダー四重奏団のメンバーが交代

  12. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  13. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  14. 訃報 〓 周文中, アメリカの作曲家・教育者

  15. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。