ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

2019/11/17

ワシントンを本拠地とするナショナル交響楽団(National Symphony Orchestra)がロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)のレーベル「LSO Live」を通じて録音を出していくことになった。音楽監督を務めるジャナンドレア・ノセダ(Gianandrea Noseda)はロンドン交響楽団の首席客演指揮者を務めており、両者の橋渡し役を務めたという。

最初に登場するのは、今年6月に録音されたアルバム。コープランドのバレエ音楽《ビリー・ザ・キッド》の組曲とドボルザークの交響曲第9番《新世界より》が収録されている。「LSO Live」では、マリインスキー劇場やキングス・カレッジの録音もリリースしている。

写真:NSO / Scott Suchman


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が演奏会形式による“リング・チクルス”、オーケストラによる通し上演は全米初

  2. シカゴ発 〓 ムーティがシカゴ響の指揮をキャンセル、また新型コロナの陽性反応。代役にリナ・ゴンサレス・グラナドス

  3. 訃報 〓 ピーター・ゼルキン, 米国のピアニスト

  4. ポートランド発 〓 オレゴン響も楽団員と指揮者全員をレイオフ

  5. ヒューストン発 〓 ヒューストン交響楽団の次期音楽監督にスロヴァキアの指揮者ユライ・ヴァルチュハ

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  7. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  8. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  9. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが再開場祝うガラ・コンサート

  10. フィラデルフィア発 〓 指揮者のネゼ=セガンがバイデン大統領、ハリス副大統領に公開書簡

  11. ワシントン発 〓 ヨーヨー・マがロシア大使館前の歩道で独り演奏、ウクライナ侵略に抗議

  12. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  13. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  14. クリーブランド発 〓 クリーブランド管が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールとウィーン・フィルが指揮者交代で同意、ロシアのウクライナ進攻でゲルギエフ降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。