ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

2019/11/17

ワシントンを本拠地とするナショナル交響楽団(National Symphony Orchestra)がロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)のレーベル「LSO Live」を通じて録音を出していくことになった。音楽監督を務めるジャナンドレア・ノセダ(Gianandrea Noseda)はロンドン交響楽団の首席客演指揮者を務めており、両者の橋渡し役を務めたという。

最初に登場するのは、今年6月に録音されたアルバム。コープランドのバレエ音楽《ビリー・ザ・キッド》の組曲とドボルザークの交響曲第9番《新世界より》が収録されている。「LSO Live」では、マリインスキー劇場やキングス・カレッジの録音もリリースしている。

写真:NSO / Scott Suchman


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  2. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  3. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  4. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  5. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  6. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  7. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  8. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  9. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  10. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  11. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  12. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  13. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  14. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  15. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。