ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

2019/11/17

ワシントンを本拠地とするナショナル交響楽団(National Symphony Orchestra)がロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)のレーベル「LSO Live」を通じて録音を出していくことになった。音楽監督を務めるジャナンドレア・ノセダ(Gianandrea Noseda)はロンドン交響楽団の首席客演指揮者を務めており、両者の橋渡し役を務めたという。

最初に登場するのは、今年6月に録音されたアルバム。コープランドのバレエ音楽《ビリー・ザ・キッド》の組曲とドボルザークの交響曲第9番《新世界より》が収録されている。「LSO Live」では、マリインスキー劇場やキングス・カレッジの録音もリリースしている。

写真:NSO / Scott Suchman


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  2. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  3. リガ発 〓 エギルス・シリンスがラトビア国立オペラの総監督に

  4. ロサンゼルス発 〓 ヒドゥル・グドナドッティルがゴールデングローブ賞の作曲賞を受賞

  5. バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

  6. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  7. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  8. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  9. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  10. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  11. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  12. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  13. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  14. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  15. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。