ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

2019/11/17

ワシントンを本拠地とするナショナル交響楽団(National Symphony Orchestra)がロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)のレーベル「LSO Live」を通じて録音を出していくことになった。音楽監督を務めるジャナンドレア・ノセダ(Gianandrea Noseda)はロンドン交響楽団の首席客演指揮者を務めており、両者の橋渡し役を務めたという。

最初に登場するのは、今年6月に録音されたアルバム。コープランドのバレエ音楽《ビリー・ザ・キッド》の組曲とドボルザークの交響曲第9番《新世界より》が収録されている。「LSO Live」では、マリインスキー劇場やキングス・カレッジの録音もリリースしている。

写真:NSO / Scott Suchman


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  2. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  3. ラスベガス発 〓 ラスベガス・フィルが芸術顧問に大御所レナード・スラットキン

  4. ロサンゼルス発 〓 第92回アカデミー賞作曲賞、ノミネート作品を発表

  5. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  6. 訃報 〓 アーロン・ローザンド(92)米国のヴァイオリニスト

  7. ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. シカゴ発 〓 シカゴ響がコンサートを中止、ムーティに陽性反応

  9. ワシントン発 〓 クリスティーン・ゴーキーにフランス政府の芸術文化勲章シュヴァリエ章

  10. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  11. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  12. クリーブランド発 〓 クリーブランド管弦楽団がヨーロッパ・ツアーを中止

  13. ロサンゼルス発 〓 第63回「グラミー賞」発表

  14. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  15. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。