ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

2019/11/17

ワシントンを本拠地とするナショナル交響楽団(National Symphony Orchestra)がロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)のレーベル「LSO Live」を通じて録音を出していくことになった。音楽監督を務めるジャナンドレア・ノセダ(Gianandrea Noseda)はロンドン交響楽団の首席客演指揮者を務めており、両者の橋渡し役を務めたという。

最初に登場するのは、今年6月に録音されたアルバム。コープランドのバレエ音楽《ビリー・ザ・キッド》の組曲とドボルザークの交響曲第9番《新世界より》が収録されている。「LSO Live」では、マリインスキー劇場やキングス・カレッジの録音もリリースしている。

写真:NSO / Scott Suchman


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ, イタリアの指揮者

  2. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン, 米国のソプラノ歌手

  3. フォートワース発 〓 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールが開催延期を発表

  4. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  5. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  6. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  7. 訃報 〓 チャールズ・ウォリネン, 米国の作曲家

  8. ラヴィニア音楽祭 〓 マリン・オールソップが音楽祭の首席指揮者に就任

  9. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  10. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  11. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  12. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  13. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  14. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  15. リガ発 〓 エギルス・シリンスがラトビア国立オペラの総監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。