ボルドー発 〓 ボルドー国立オペラの次期芸術総監督にエマニュエル・オンドレ、マルク・ミンコフスキは退任

2021/07/24

フランスのボルドー国立オペラ(Opéra National de Bordeaux)が次期芸術総監督にエマニュエル・オンドレ(Emmanuel Hondré)を迎えると発表した。2016年からその任にあるマルク・ミンコフスキ(Marc Minkowski)の後任で、任期は2022/2023シーズンから。

オンドレは現在、フィルハーモニー・ド・パリ、シテ・ド・ラ・ミュージックの公演監督を務める53歳。ミンコフスキは2016年から総監督を務めてきたが、事務方、オーケストラと対立することが多く、昨年から契約延長されないという話が出ていた。

写真:Philharmonie de Paris


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  2. 訃報 〓 マルティン・トゥルノフスキー, チェコ出身の指揮者

  3. オビエド発 〓 スペインのアストゥリアス公国州響の音楽監督にポルトガルの指揮者ヌーノ・コエーリョ

  4. プロヴディフ発 〓 ソプラノのソーニャ・ヨンチェヴァに名誉市民の称号

  5. ロンドン発 〓 英国政府が文化予算に大なた、イングリッシュ・ナショナル・オペラは年度予算の配分が打ち切られ、活動継続の危機に

  6. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  7. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  8. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  9. ニューヨーク発 〓 浮かび上がってきたメトロポリタン歌劇場の次期シーズン

  10. 東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

  11. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2023年のオペラはカウフマン主演の《タンホイザー》。レジデント・オーケストラにアンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

  13. ミュンヘン発 〓 アレックス・エスポージトに「宮廷歌手」の称号

  14. ストックホルム発 〓 スウェーデン王立オペラが演奏会形式の《トスカ》を収録、ストリーミング

  15. ゲーラ発 〓 アンテンブルク・ゲーラ市立劇場の音楽総監督にルーベン・ガザリアン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。