カトヴィツェ発 〓 マリン・オールソップがポーランド国立放送カトヴィツェ響の芸術監督兼首席指揮者に

2023/06/05

ポーランド国立放送カトヴィツェ交響楽団(Narodowa Orkiestra Symfoniczna Polskiego Radia w Katowicach)が芸術監督兼首席指揮者にマリン・オールソップ(Marin Alsop)を迎えると発表した。2019/2020シーズンからその任にあるローレンス・フォスターの後任で、任期はこの9月から。

オールソップは1956年、ニューヨーク生まれの66歳。2005年から2021年までボルティモア交響楽団の音楽監督を務め、米国のメジャー・オーケストラの音楽監督を務めた初の女性指揮者で、2019/2020シーズンからウィーン放送交響楽団の首席指揮者を務めている。また、2023/2024シーズンから3シーズン、ロンドンを拠点とするフィルハーモニア管弦楽団の首席客演指揮者を務める。

カトヴィツェ響は1935年にワルシャワで設立されたが、第二次世界大戦で活動停止を余儀なくされ、1945年に南部の都市カトヴィツェで再結成された。オールソップは昨年9月、23年ぶり6度目の日本ツアーに帯同するなど、この2年間でその指揮台に15回も上がり、関係を深めていた。

オールソップは就任に当たり、「ペンデレツキの演奏機会の少ない《ブラック・マスク》をはじめ、グラジナ・バツェヴィチやアガタ・ズベルのような素晴らしい作曲家の音楽を録音することを楽しみにしている」と述べている。

写真:Aspen Institute / Mariana Garcia


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 テオ・アダム(92)ドイツのバス・バリトン歌手

  2. ゲイツヘッド発 〓 ノリントンが王立ノーザン・シンフォニアを指揮して引退コンサート、ライブ・ストリーミングも

  3. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  4. ルツェルン発 〓 ピアノのアルゲリッチが約1ヵ月ぶりに現場復帰、心臓の検査と治療経て

  5. ベルリン発 〓 ヨアナ・マルヴィッツがベルリン・コンツェルトハウス管の次期首席指揮者に

  6. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  7. ロンドン発 〓 英国政府が文化予算に大なた、イングリッシュ・ナショナル・オペラは年度予算の配分が打ち切られ、活動継続の危機に

  8. ベルリン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との契約を延長

  9. 東京発 〓 東京都交響楽団が歴代指揮者との名演奏をYouTubeで配信

  10. ミュンヘン発 〓 マーリス・ペーターゼン、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  11. ベルリン発 〓 指揮者のダニエル・バレンボイムが脊椎手術、2月いっぱい休養

  12. 訃報 〓 ジョン・キンセラ(89)アイルランドの作曲家

  13. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。