モスクワ発 〓 ボロディン弦楽四重奏団の新リーダーにニコライ・サチェンコ

2022/09/21

ロシアの名門カルテット「ボロディン四重奏団=Borodin Quartet」の第一ヴァイオリンの交代が発表された。1997年からその任にあったルーベン・アハロニアンが引退し、後任は1998年の第11回「チャイコフスキー国際コンクール」のヴァイオリン部門で優勝したニコライ・サチェンコ(Nikolai Sachenko)。

モスクワ音楽院の学生によって1945年に結成され、創設メンバーには後に指揮者として活躍したルドルフ・バルシャイがヴィオラ奏者として参加していた。モスクワ・フィルハーモニック弦楽四重奏団という名称でスタートしたが、10年目に近代ロシアの室内楽の改革者とされる作曲家ボロディンにちなんで改名された。作曲家ショスタコーヴィチとの交流、名ピアニストのスヴャトスラフ・リヒテルと長年にわたって共演を重ねたことで知られる。

メンバーは何度か替わっており、2008年にチェロのヴァレンティン・ベルリンスキーが亡くなって、創設メンバーは誰も残っていない。現在のメンバーは第2ヴァイオリンがセルゲイ・ロモフスキー(2011〜)、ヴィオラがイーゴリ・ナイディン(1995〜)、チェロがウラディーミル・バルシン(2007〜)。

サチェンコは1977年、旧・ソ連のカザフ共和国(現在のカザフスタン)時代の首都アルマ・アタ生まれの44歳。6歳からカムチャッカ半島の中心都市ペトロパブロフスク・カムチャツキーの音楽学校でヴァイオリンを学んだ。その後、モスクワ音楽院に進み、21歳で「チャイコフスキー国際コンクール」で優勝している。

2005年から2021年まで「ノーヴァヤ・ロシア」国立交響楽団のコンサートマスターを務め、ユーリ・バシュメットの下でオーケストラを率いてきた。その一方、2008年には「ブラームス・トリオ」に加わり、ピアニストのナタリア・ルビンシュタイン、チェリストのキリル・ロディンとの共演を重ねている。

写真:Borodin Quartet


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ブリュッセル発 〓 ブリュッセル・フィルの首席客演指揮者にイラン・ヴォルコフ

  2. 東京発 〓 第32回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はチェロのヨーヨー・マ

  3. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  4. シカゴ発 〓 シカゴ響が来年1月から3月末まで公演をキャンセル

  5. バンクーバー発 〓 キーシンが自由主義陣営の及び腰のウクライナ支援を一喝、「あらゆることしなければ」

  6. リューベンスク発 〓 リムスキー=コルサコフが亡くなった旧居が焼失

  7. ワイマール発 〓 演出家のアンドレア・モーゼスがワイマール国民劇場のオペラ監督に

  8. ヴロツワフ発 〓 エッシェンバッハが生まれ故郷にあるNFMヴロツワフ・フィルの音楽監督に

  9. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  10. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  11. バルセロナ発 〓 指揮者のジョセップ・ポンスがリセウ大劇場との契約を延長

  12. ケルン発 〓 ヨーロッパ10都市でのウクライナ国歌演奏を集め連帯をアピール、欧州コンサートホール機構

  13. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. パリ発 〓 テノールのアラーニャが「レジオンドヌール勲章」を受章

  15. ハノーファー発 〓 名門レーベル「ドイツ・グラモフォン」がヨアナ・マルヴィッツと契約、女性指揮者は二人目

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。