プラハ発 〓 チェコ・フィルの音楽監督セミヨン・ビシュコフがロシア批判の声明

2022/02/25

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(Česká filharmonie)の音楽監督を務めるセミヨン・ビシュコフ(Semyon Bychkov)がロシアのウクライナ進攻に抗議する声明を発表した。オーケストラの本拠地で音楽祭「プラハの春」の主会場であるルドルフィヌムには、連帯を示すべく、ウクライナの国旗が掲げられている。

ビシュコフは1952年、ソ連時代のレニングラード(現在のサンクト・ペテルブルク)生まれの69歳。ユダヤ系ロシア人で、高祖父はウクライナ南部オデッサ歌劇場の指揮者、父親が医師という家庭で育った。レニングラード音楽院でイリヤ・ムーシンに師事して首席で卒業したが、政治信条を理由に1974年にソ連から米国に亡命している。

声明は以下の通り。「ロシアのウクライナへの攻撃と嘘は、世界の他の人がまた戦争紛争の真っ只中になる前に止めなければならない。我々は沈黙していてはならない。1956年、1968年、そしてその前後の歴史が繰り返すのを見てはいけない。死と破壊の担い手は責任を負い、拒絶されなければなりません」。

写真:Česká filharmonie


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス, 米国のメゾ・ソプラノ歌手

  2. 訃報 〓 アレクサンドル・ブズロフ, ロシアのチェロ奏者

  3. 訃報 〓 ラドゥ・ルプー, ルーマニア出身のピアニスト

  4. パリ発 〓 パリ国立オペラのバレエ団の次期芸術監督にジョゼ・マルティネス

  5. カンザスシティ発 〓 ヴァイオリンの岩崎潤がカンザスシティ響のコンサートマスターに

  6. バンクーバー発 〓 オットー・タウスクがバンクーバー響との契約を延長

  7. モンテカルロ発 〓 モンテカルロ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が新制作の《魔弾の射手》をライブ配信

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  10. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが再開場祝うガラ・コンサート

  11. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ストックホルム発 〓 スウェーデンも劇場の一時閉鎖へ

  13. 訃報 〓 フー・ツォン, 中国生まれの英国のピアニスト

  14. ベルリン発 〓 バレンボイムが一時的に現場復帰

  15. 訃報 〓 ガブリエル・フムラ, ポーランドの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。