プラハ発 〓 チェコ・フィルの音楽監督セミヨン・ビシュコフがロシア批判の声明

2022/02/25

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(Česká filharmonie)の音楽監督を務めるセミヨン・ビシュコフ(Semyon Bychkov)がロシアのウクライナ進攻に抗議する声明を発表した。オーケストラの本拠地で音楽祭「プラハの春」の主会場であるルドルフィヌムには、連帯を示すべく、ウクライナの国旗が掲げられている。

ビシュコフは1952年、ソ連時代のレニングラード(現在のサンクト・ペテルブルク)生まれの69歳。ユダヤ系ロシア人で、高祖父はウクライナ南部オデッサ歌劇場の指揮者、父親が医師という家庭で育った。レニングラード音楽院でイリヤ・ムーシンに師事して首席で卒業したが、政治信条を理由に1974年にソ連から米国に亡命している。

声明は以下の通り。「ロシアのウクライナへの攻撃と嘘は、世界の他の人がまた戦争紛争の真っ只中になる前に止めなければならない。我々は沈黙していてはならない。1956年、1968年、そしてその前後の歴史が繰り返すのを見てはいけない。死と破壊の担い手は責任を負い、拒絶されなければなりません」。

写真:Česká filharmonie


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールとウィーン・フィルが指揮者交代で同意、ロシアのウクライナ進攻でゲルギエフ降板

  2. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭の《ワルキューレ》でヴォータン役のトマス・コニエチュニーが怪我で途中降板

  3. ワシントン発 〓 ヨーヨー・マがロシア大使館前の歩道で独り演奏、ウクライナ侵略に抗議

  4. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  5. ロサンゼルス発 〓 ドゥダメルがロサンゼルス・フィルとの契約を延長

  6. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  7. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウがリベンジへ、来年5月に「マーラー・フェスティバル」

  8. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラがオペラの衣装をオンラインで販売

  9. ソフィア発 〓 国立歌劇場で新シーズン開幕、創立130周年

  10. パリ発 〓 グスターボ・ドゥダメルがパリ国立オペラの音楽監督に

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. 訃報 〓 ベルナルト・ハイティンク, オランダの指揮者

  13. 訃報 〓 ネルソン・フレイレ, ブラジルのピアニスト

  14. ベオグラード発 〓 準・メルクルの投稿、思わぬ波紋

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月19日に再開場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。