パリ発 〓 国立オペラの新シーズン開幕は11月末に

2020/06/12

パリ国立オペラ(Opéra national de Paris)が2020/2021シーズンの開幕が9月ではなく、11月末になると発表した。ガルニエ宮は12月末まで閉鎖が続くという。先日発表された暫定スケジュールが改めて組み替えられる。

それによると、開幕後最初の公演は、11月24日にバスティーユ歌劇場で上演されるサイモン・ストーン演出の《椿姫》。このため、暫定スケジュールにあったカリスト・ビエイトの新演出による「リング・チクルス」の後半2作品の上演も次シーズンに延期となる。

パリ国立オペラは昨年末から、バレエ・ダンサーを含むスタッフが政府の年金改革に反対する全国的なゼネストに参加したことで公演が次々にキャンセルされた。その後、さらにコロナ禍に見舞われ、ほとんどの公演が上演できないまま2019/2020シーズンの幕を降ろしている。その間の赤字が4,000万ユーロ(約48億円)に積み上がっているとの報道もある。

パリ国立オペラの総裁は2021/2022シーズンから、カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督を務めるアレクサンダー・ニーフ(Alexander Neef)にバトンタッチされることが決まっているが、現総裁のステファン・リスナー(Stephane Lissner)が任期終了前に退任するという憶測も出ている。

写真:Opéra national de Paris


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 クラウディオ・カヴィーナ, イタリアの指揮者・カウンターテナー

  2. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  3. ポートランド発 〓 オレゴン響も楽団員と指揮者全員をレイオフ

  4. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  5. 東京発 〓 来日したエーテボリ響の公演中止、そのまま帰国へ

  6. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  7. ハノーファー発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にステファン・ジリアス

  8. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「アワード2020」を発表

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  10. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  11. 訃報 〓 ケネス・ウーラム, 英国のテノール歌手

  12. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

  13. コペンハーゲン発 〓 ルイージがデンマーク放送響との契約延長

  14. トリノ発 〓 王立歌劇場がストリーミング配信、毎日違った作品をアップ

  15. シカゴ発 〓 シカゴ響が来年1月から3月末まで公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。