パリ発 〓 国立オペラの新シーズン開幕は11月末に

2020/06/12

パリ国立オペラ(Opéra national de Paris)が2020/2021シーズンの開幕が9月ではなく、11月末になると発表した。ガルニエ宮は12月末まで閉鎖が続くという。先日発表された暫定スケジュールが改めて組み替えられる。

それによると、開幕後最初の公演は、11月24日にバスティーユ歌劇場で上演されるサイモン・ストーン演出の《椿姫》。このため、暫定スケジュールにあったカリスト・ビエイトの新演出による「リング・チクルス」の後半2作品の上演も次シーズンに延期となる。

パリ国立オペラは昨年末から、バレエ・ダンサーを含むスタッフが政府の年金改革に反対する全国的なゼネストに参加したことで公演が次々にキャンセルされた。その後、さらにコロナ禍に見舞われ、ほとんどの公演が上演できないまま2019/2020シーズンの幕を降ろしている。その間の赤字が4,000万ユーロ(約48億円)に積み上がっているとの報道もある。

パリ国立オペラの総裁は2021/2022シーズンから、カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督を務めるアレクサンダー・ニーフ(Alexander Neef)にバトンタッチされることが決まっているが、現総裁のステファン・リスナー(Stephane Lissner)が任期終了前に退任するという憶測も出ている。

写真:Opéra national de Paris


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 リナト・イブラギモヴァ, ロンドン交響楽団の元首席コントラバス奏者

  2. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  3. ニューヨーク発 〓 ルネ・フレミングがメトロポリタン歌劇場の新作オペラに

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  5. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」、無観客も検討

  6. ロンドン発 〓 エンシェント室内管の音楽監督にローレンス・カミングス

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  8. バイロイト発 〓 「バイロイト・バロック」が復活!

  9. ミラノ発 〓 スカラ座が恒例の12月7日の開幕を断念

  10. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  11. ホノルル発 〓 ハワイ・オペラ・シアターが2020/2021シーズンの断念を発表

  12. 東京発 〓 細川俊夫の《オーケストラのための『渦』》が第68回「尾高賞」に

  13. ストックホルム発 〓 スウェーデンも劇場の一時閉鎖へ

  14. ハレ発 〓 ヘンデルの生地ハレのヘンデル音楽祭も開催断念

  15. ソフィア発 〓 国立歌劇場で新シーズン開幕、創立130周年

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。