ウィーン発 〓 ウィーン少年合唱団が2021年の海外ツアーをすべてキャンセルも、10月にニュー・アルバムをリリース

2021/09/07
【最終更新日】2021/09/08

「天使の歌声」として知られるオーストリアのウィーン少年合唱団(Wiener Sängerknaben)が2021年の海外ツアーをすべてキャンセルすると発表した。12歳未満の子供に対して新型コロナワクチンの接種が行われないことに鑑みて。5月と6月に予定されていた日本ツアーのキャンセルは既に発表されているが、新たにアメリカとドイツへのクリスマス・ツアーなどがキャンセルされる。

ウィーン少年合唱団は15世紀、ハプスブルク家出身の神聖ローマ帝国の皇帝が宮廷の聖歌隊として創設したもの。500年以上の歴史を誇り、2017年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産にも登録されている。

政府からの支援を受けない非営利団体で、メンバーはオーストリアだけでなく、20の国と地域から集まった変声前の9歳から14歳までの少年100人で構成。ウィーン市内のアウガルテン宮殿にある全寮制の学校で学びながら、4グループに分かれて国内外で年間300公演を行い、その収入が運営費の7割を支えている。

それだけにコロナ禍による被害も甚大。昨年3月以降のすべての公演はキャンセルされ、公演収入は100万ユーロ(約1億2000万円)減となって存続の危機に立たされた。現在は政府の支援を受けて活動も正常化しつつあり、10月には 「Together」というタイトルのアルバムも「ドイツ・グラモフォン」レーベルからリリースされる。

写真:Wiener Sängerknaben / Lukas Beck


関連記事

  1. ザルツブルク発 〓 オーストリア政府、祝祭大劇場などの改修工事に10年300億円強

  2. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  3. リバプール発 〓 ロイヤル・リバプール・フィルの次期首席指揮者にドミンゴ・インドヤン

  4. ライプチヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管とシューベルト、ベルワルドの交響曲全集

  5. ロンドン発 〓 「グラモフォン・アワード2019」の年間賞など発表

  6. 訃報 〓 ペーター・シュライアー, ドイツのテノール歌手

  7. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新制作の《ねじの回転》をストリーミング配信

  8. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  9. バレンシア発 〓 バレンシア管弦楽団の次期首席指揮者にアレクサンダー・ リーブライヒ

  10. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. パリ発 〓 ニコール・カー、エティエンヌ・デュピュイ夫妻がフリーのアーティストを支援するファンドを設立

  13. 訃報 〓 ヘルムート・シュテルン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元第1ヴァイオリン首席奏者

  14. 訃報 〓 ジョン・ジョージアディス, 英国の指揮者・ヴァイオリニスト

  15. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督にペリン・リーチ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。