ロンドン発 〓 ヘンデルの旧居が来年5月、リニューアル・オープン

2022/12/07

作曲家ヘンデルの旧居を使った「ヘンデル博物館」の拡張・改修工事が終わった。ヘンデルが引っ越してきてから300年となる2023年5月18日にリニューアル・オープンするという。

ヘンデルの旧居はブルック・ストリート25番地にあり、1723年から1759年に亡くなるまで住んだ場所。その36年間はヘンデルにとって創作意欲と商業的成功に沸いていた時期で、《メサイア》など多くの作品がそこで書かれている。

1968年、その建物の隣の建物に伝説のロック・ミュージシャン、ジミ・ヘンドリックスが転居。絶頂期にあったヘンドリックスにとってのロンドンの重要な拠点となったことで、その部屋も現在は博物館となり、「ヘンデル博物館」と行き来が出来るようになっている。

今回の拡張・改修工事は「ハレルヤ・プロジェクト」と名付けられ、最近まで高級品店だった地下と1階を修復。地下には当時のキッチンが忠実に再現され、1階は客人やパトロンを迎えた応接間や新作のチケットを発売した部屋も復元されるという。

写真:Handel House / James Newton


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボルドー発 〓 ボルドー・アキテーヌ国立管の音楽監督にジョセフ・スヴェンセン

  2. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  3. ミラノ発 〓 スカラ座の《サロメ》は指揮者がメータからシャイーに

  4. 香港発 〓 コンサートホールなどまた閉鎖、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  5. タンペレ発 〓 マシュー・ホールズがフィンランドのタンペレ・フィルの首席指揮者に

  6. ニューヨーク発 〓 ジュリアード音楽院が作曲科の科長ロバート・ビーザーをセクハラ疑惑で休職に

  7. マドリード発 〓 スペイン国立管が首席指揮者・芸術監督のダーヴィト・アフカムとの契約を延長

  8. ニコシア発 〓 ギュンター・ノイホルトがキプロス響の芸術監督に

  9. ベルリン発 〓 バレンボイムまた休養、当面の公演をキャンセル

  10. パリ発 〓 「ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門でウクライナのボーダン・ルッツが優勝、日本の竹内鴻史郎が3位に

  11. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭も開催断念

  12. ロサンゼルス発 〓 アカデミー賞授賞式の指揮台に初の女性指揮者

  13. 訃報 〓 メゾ・ソプラノ(92)ヴァレンティナ・レフコ

  14. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2月のストリーミング配信のラインナップを発表

  15. ボストン発 〓 ヘンデル・ハイドン協会が次期芸術監督に英国の指揮者ジョナサン・コーエン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。