ロンドン発 〓 ヘンデルの旧居が来年5月、リニューアル・オープン

2022/12/07

作曲家ヘンデルの旧居を使った「ヘンデル博物館」の拡張・改修工事が終わった。ヘンデルが引っ越してきてから300年となる2023年5月18日にリニューアル・オープンするという。

ヘンデルの旧居はブルック・ストリート25番地にあり、1723年から1759年に亡くなるまで住んだ場所。その36年間はヘンデルにとって創作意欲と商業的成功に沸いていた時期で、《メサイア》など多くの作品がそこで書かれている。

1968年、その建物の隣の建物に伝説のロック・ミュージシャン、ジミ・ヘンドリックスが転居。絶頂期にあったヘンドリックスにとってのロンドンの重要な拠点となったことで、その部屋も現在は博物館となり、「ヘンデル博物館」と行き来が出来るようになっている。

今回の拡張・改修工事は「ハレルヤ・プロジェクト」と名付けられ、最近まで高級品店だった地下と1階を修復。地下には当時のキッチンが忠実に再現され、1階は客人やパトロンを迎えた応接間や新作のチケットを発売した部屋も復元されるという。

写真:Handel House / James Newton


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ロンドン響に二人の新しいコンサートマスター

  2. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  3. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  4. ミラノ発 〓 ウクライナ領事、スカラ座に《ボリス・ゴドノフ》の上演取り止めを要請

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が約50ぶりの新制作となる《ニュルンベルクのマイスタージンガー》をライブ・ストリーミング

  6. バーデン=バーデン発 〓 ベルリン・フィルがバーデン=バーデン・イースター音楽祭との契約を延長

  7. ラヴェンナ発 〓 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が5月にイタリア・ツアー

  8. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ハンブルク発 〓 名門ホール「ライスハレ」が使っていないパイプ・オルガンを入れ替え

  10. ニュルンベルク発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にローランド・ベーア、ヨアナ・マルヴィッツの後任

  11. 訃報 〓 オトマール・ボルヴィツキー(90)ドイツのチェロ奏者、ベルリン・フィルの元首席奏者

  12. ホノルル発 〓 ハワイ・オペラ・シアターが2020/2021シーズンの断念を発表

  13. フォートワース発 〓 ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールが第16回の出場者30人を発表

  14. ドレスデン発 〓 空席だった聖母教会オルガン奏者に27歳のニクラス・ヤーン

  15. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管の首席客演指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。