チューリッヒ発 〓 トーンハレ管が音楽監督のパーヴォ・ヤルヴィとの契約を延長

2022/12/09

チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団(Tonhalle Orchester Zürich)が音楽監督のパーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi)との契約を延長した。ヤルヴィは2019/2020シーズンからその任にあり、今回の契約更改で任期は2029年7月まで延びる。

パーヴォは1962年、エストニア・タリン生まれの59歳。指揮者のネーメ・ヤルヴィに従って渡米、カーティス音楽院で学び、ロサンジェルスでレナード・バーンスタインの薫陶を受けた。1994年にスウェーデンのマルメ交響楽団(1994-1997)の首席指揮者に就任したのを皮切りに、早くから国際的な活躍を続けてきた。

2004年からドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンの芸術監督を務めている他、これまでにドイツ・フランクフルトのhr交響楽団(2006-2014)、パリ管弦楽団(2010-2016)の首席指揮者を歴任。日本でも、2015年から2022年にかけてNHK交響楽団の首席指揮者を務め、現在は名誉指揮者。

写真:Tonhalle Orchester Zürich


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. クラクフ発 〓 作曲家ペンデレツキの国葬が故郷クラクフで

  2. 東京発 〓 第31回「芥川也寸志サントリー作曲賞」に桑原ゆう《タイム・アビス〜17人の奏者による2群のアンサンブルのための》

  3. ウィーン発 〓 楽友協会がウィーン・フィルのコンサート・スケジュールを発表

  4. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  5. ベルリン発 〓 ロビン・ティチアーティがベルリン・ドイツ響との契約を延長

  6. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー響が2020/2021シーズンをキャンセル

  7. ニューヨーク発 〓 エマーソン弦楽四重奏団がリンカーンセンターでお別れコンサート

  8. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  9. アケルスベルガ発 〓 ついに論争に終止符!?、「BIS」レーベルが“フルヴェンのバイロイトの第九”の完全録音をリリース

  10. グラスゴー発 〓 トマス・ダウスゴーまた離任、BBCスコティッシュ交響楽団が後任にライアン・ウィグルスワース

  11. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが5月1日までの公演をキャンセル、4月の公演のキャンセルはドイツでは初めて

  12. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが“ドライブイン・オペラ”

  13. ロンドン発 〓 英国政府が定例の新年叙勲者を発表、アントニオ・パッパーノらが叙勲

  14. シオン発 〓 スイスの「ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクール」で韓国の14歳、キム・ソヒョンが最年少優勝

  15. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。