シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスツィスがコンサートのプログラムを変更、ウクライナとロシアの作曲家の作品を同時に入れる

2022/03/14

ドイツ・シュトゥットガルトを本拠地とする南西ドイツ放送交響楽団(SWR Symphonieorchesters)が13日、2018年から首席指揮者を務めるテオドール・クルレンツィスとのコンサートのプログラムの変更を発表した。変更されるのは、3月27日から4月8日までの都合9回のコンサート。

変更前のプログラムはセルビアの作曲家マルコ・ニコディエヴィチ、ブラームスの組み合わせ。それがウクライナの作曲家オレクサンドル・シェチンスキーの《オーケストラのためのグロソラリー》、ヨルグ・ヴィドマンの《|ヴィオラとオーケストラのための協奏曲》、ショスタコーヴィチの交響曲第5番の組み合わせに変更された。

オーケストラによると、ロシアによるウクライナ侵略が続いて中で、キエフにいまも残るシェチンスキーの作品とショスタコーヴィッチの組み合わせることで、平和と和解を求めるメッセージを発信したいという。ただ、現地からの報道によると、クルレンツィスは、これまでスポンサーだったロシア第2位のVTB銀行とは決別していないという。

写真:SWR Symphonieorchesters


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  2. ボローニャ発 〓 市立歌劇場が2022年の公演ラインナップを発表

  3. ロサンゼルス発 〓 2021年の「ゴールデングローブ賞」のノミネート作出揃う

  4. 訃報 〓 リブシェ・ドマニーンスカ, チェコのソプラノ歌手

  5. 訃報 〓 セルゲイ・スロニムスキー, ロシアの作曲家

  6. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が2023年の概要を発表、パブロ・エラス=カサド、ナタリー・シュトゥッツマンが音楽祭デビュー

  7. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  8. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  10. ドレスデン発 〓 ティーレマンが復活祭時期に新しい音楽祭 !?

  11. パリ発 〓 パリ国立オペラが「ウクライナ支援コンサート」

  12. フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管が「男性メンバーの燕尾服着用をやめる」

  13. ロサンゼルス発 〓 第63回「グラミー賞」発表

  14. 訃報 〓 マーティン・ロヴェット, 英国のチェロ奏者・アマデウス弦楽四重奏団のメンバー

  15. ストラスブール発 〓 ストラスブール・フィルの次期音楽監督にアジス・ショハキモフ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。