ヘルシンキ発 〓 シベリウス・コンクールがロシア人二人の参加を取消

2022/04/10
【最終更新日】2022/04/11

フィンランドの首都ヘルシンキで行われる第12回「シベリウス・ヴァイオリン・コンクール」が8日、予備審査を通過していたロシア人二人、ガリヤ・ジャーロワ(Galiya Zharova)、ラヴィル・イスリャモフ(Ravil Islyamov)の参加を取り消した。

コンクール委員会は「ウクライナでの戦争と残虐行為の発覚により、他の参加者とコンクール全体を守るために、ロシアの参加者をコンクールから除外することを決定しました」と声明を出している。

コンクールは1965年の創設。若いヴァイオリニストのための登竜門として知られ、世界で最も権威のあるコンクールの一つ。5年に一度の開催で、2020年が開催年だったが、新型コロナウイルスの世界的流行で1年以上延期され、この5月18日から29日に開催される。

コンクール委員会は3月7日、自らが加盟する国際音楽コンクール世界連盟(WFIMC)の「国籍だけを理由に出場者を排除してはならない」というガイドラインに従い、「すべての出場者は純粋に芸術的なメリットによって審査される」として、ウクライナ人二人、ロシア人二人の参加を認めていた。

写真:International Sibelius Violin Competition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. フィレンツェ発 〓 フレンツェ歌劇場の新しいホール「ズービン・メータ・ホール」がオープン

  2. ボルツァーノ発 〓 第63回「フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール」の第1位は韓国のパク・ジェホン

  3. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  4. ドレスデン発 〓 指揮者のヤノフスキがドレスデン・フィルとの契約を延長

  5. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  6. ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

  7. ベルリン発 〓 ベルリン交響楽団の次期首席指揮者にハンスイェルク・シェレンベルガー

  8. ハンブルク発 〓 シルヴァン・カンブルランが首席指揮者を務めるハンブルク響との契約を延長

  9. ミラノ発 〓 スペランツァ・スカップッチのスカラ座デビューが代役起用で前倒しに

  10. ラヴェンナ発 〓 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が5月にイタリア・ツアー

  11. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  12. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の新シーズンは9月開幕、ネトレプコ出演の《ドン・カルロ》で

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  14. 訃報 〓 ジョーゼフ・カリクシュタイン, イスラエルのピアニスト

  15. チューリッヒ発 〓 トーンハレが9月にリニューアル・オープン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。