ヘルシンキ発 〓 シベリウス・コンクールがロシア人二人の参加を取消

2022/04/10
【最終更新日】2022/04/11

フィンランドの首都ヘルシンキで行われる第12回「シベリウス・ヴァイオリン・コンクール」が8日、予備審査を通過していたロシア人二人、ガリヤ・ジャーロワ(Galiya Zharova)、ラヴィル・イスリャモフ(Ravil Islyamov)の参加を取り消した。

コンクール委員会は「ウクライナでの戦争と残虐行為の発覚により、他の参加者とコンクール全体を守るために、ロシアの参加者をコンクールから除外することを決定しました」と声明を出している。

コンクールは1965年の創設。若いヴァイオリニストのための登竜門として知られ、世界で最も権威のあるコンクールの一つ。5年に一度の開催で、2020年が開催年だったが、新型コロナウイルスの世界的流行で1年以上延期され、この5月18日から29日に開催される。

コンクール委員会は3月7日、自らが加盟する国際音楽コンクール世界連盟(WFIMC)の「国籍だけを理由に出場者を排除してはならない」というガイドラインに従い、「すべての出場者は純粋に芸術的なメリットによって審査される」として、ウクライナ人二人、ロシア人二人の参加を認めていた。

写真:International Sibelius Violin Competition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 グラミー賞授賞式は3月に、アカデミー賞に続いて延期

  2. バンクーバー発 〓 オットー・タウスクがバンクーバー響との契約を延長

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  4. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチがワロン王立オペラの音楽監督を退任

  5. アトランタ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがアトランタ響の音楽監督に

  6. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ワルシャワ発 〓 台湾政府がショパン国際ピアノ・コンクールに抗議、国名表記めぐり

  8. 訃報 〓 ニクサ・バレザ, クロアチアの指揮者

  9. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが駐車場で《ラインの黄金》を上演

  11. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  12. エーテボリ発 〓 エーテボリ歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ミラノ発 〓 マニュエル・ルグリがスカラ座バレエ団の芸術監督に

  14. シカゴ発 〓 ラヴィニア音楽祭が中止を発表

  15. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が無料のストリーミング配信を開始、その名も“ストリーミング・フェスティバル”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。