ウィーン発 〓 国立歌劇場が約50ぶりの新制作となる《ニュルンベルクのマイスタージンガー》をライブ・ストリーミング

2022/12/06

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が新制作のワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》の11日の公演をライブ・ストリーミング配信すると発表した。配信は日本時間の12日午前1時からで、歌劇場のストリーミング・プラットフォームで行われる。

国立歌劇場ではこれまで、オットー・シェンク演出のプロダクションが上演されており(初演の指揮はクリストフ・フォン・ドホナーニ、ハンス・ザックス役にカール・リッダーブッシュ!)、今回は約50年ぶりの新制作。新演出を手掛けたのはキース・ウォーナーで、指揮は音楽監督フィリップ・ジョルダン。

歌手陣はハンス・ザックス役にミヒャエル・ヴォッレ、ポークナー役にゲオルク・ツェッペンフェルト、ベックメッサー役にヴォルフガング・コッホという顔ぶれ。シュトルツィング役のデイヴィッド・バット・フィリップ、エファ役のハンナ=エリーザベト・ミュラーがロール・デビューを飾る。

写真:Wiener Staatsoper / Michael Pöhn


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ドイツは4月19日までの公演をキャンセル、州立歌劇場の音楽祭「フェストターゲ」は中止

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の終了を発表

  3. フランクフルト発 〓 メゾ・ソプラノのクラウディア・マーンケにフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号

  4. 訃報 〓 リン・ハレル, 米国のチェロ奏者

  5. グラーツ発 〓 サンクト=マルガレーテンの野外オペラが開催を断念

  6. プラハ発 〓 チェコ・フィルが音楽監督のビシュコフとの契約を延長

  7. ソフィア発 〓 国立歌劇場で新シーズン開幕、創立130周年

  8. ベルリン発 〓 指揮者のダニエル・バレンボイムが脊椎手術、2月いっぱい休養

  9. カーディフ発 〓 BBCカーディフ国際声楽コンクールで韓国出身のキム・ギフンが優勝

  10. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が夏のヨーロッパ・ツアーを中止

  11. ボストン発 〓 ボストン響が東アジア・ツアーを中止

  12. 訃報 〓 アレクサンダー・トラーゼ, ジョージア出身のピアニスト

  13. ナント発 〓 大聖堂火災でボランティアの男、放火認める

  14. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが5月1日までの公演をキャンセル、4月の公演のキャンセルはドイツでは初めて

  15. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。