ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

2020/02/05

フランスの指揮者アリアーヌ・マティアク(Ariane Matiakh)がドイツのハレ州立劇場の音楽総監督を辞任した。1月30日付。9月に幕を開けた2019/2020シーズンから活動を始めたばかりで、半年足らずでの辞任となった。発表では本人の申し出とあるだけで、理由は明らかにされていない。ただ、辞任後も予定されていた公演は指揮するという。ハレは別名ザーレとも呼ばれるライプツィヒに近い街で、作曲家ヘンデルの出生地として知られ、毎年6月上旬にヘンデル音楽祭が開催されている。

マティアクは1980年の生まれで、ピアノと声楽を学んだ後、ウィーン音楽演劇大学で指揮を学んだ。その後、エマニュエル・クリヴィヌ、アルミン・ジョルダン、ジェームズ・コンロンらのアシスタントを務めて研鑽を積んだ。2008年にロンドン交響楽団が主宰する「ドナテッラ・フリックLSO指揮コンクール」のファイナリストとなった後、ヨーロッパを中心に活躍の場を広げている。

写真:arianematiakh.com / Marco Borggreve


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  2. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  3. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  4. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  5. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  6. 訃報 〓 ニコラ・ジョエル, フランスの演出家・パリ国立オペラ元総裁

  7. カーディフ発 〓 BBCウェールズ・ナショナル管の次期首席指揮者にライアン・バンクロフト

  8. ベルリン発 〓 ロビン・ティチアーティがベルリン・ドイツ響との契約を延長

  9. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  10. ロサンゼルス発 〓 ドゥダメルがロサンゼルス・フィルとの契約を延長

  11. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  12. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  14. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  15. ミラノ発 〓 スカラ座で新たに二人の感染者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。