ウィーン発 〓 国立歌劇場管のコンサートマスターにイスラエルの若手ヤメン・サーディ

2022/10/26

ウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターのオーディションで、イスラエルの若手ヤメン・サーディ(Yamen Saadi)が合格した。ライナー・ホーネック、フォルクハルド・シュトイデ、アルベーナ・ダナイローヴァに続く、4人目のコンサートマスターで、12月のバレエ《眠れる森の美女》が初仕事になるという。

国立歌劇場管弦楽団はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の母体で、歌劇場での演奏以外の演奏時にその名を名乗るという立ち位置。4人目のコンサートマスターは2016年、ライナー・キュッヒルの後任としてブラジル系ドイツ人のホセ・マリア・ブルーメンシャインが着任したが、1シーズンで退団してしまい、それから空席が続いていた。

サーディは1997年、イスラエル・ナザレ生まれの25歳。ナザレはイエス・キリストが育った街として知られるが、イスラム教徒の家庭で育ち、ナザレに設立されたバレンボイム・サイード音楽院でヴァイオリンの手ほどきを受けた後、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めるチャイム・タウブに師事。さらにクロンベルク・アカデミーに進んで、ミハエラ・マルティンに師事した。

11歳でハイファ交響楽団と共演して最初のソロ・コンサートを行い、ダニエル・バレンボイムが率いるウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団に入団。17歳だった2014年にコンサートマスターに就任、数多くの公演に参加してきた。

また、アビブ、ポール・ベン・ハイムのコンクールで優勝。昨年7月から3年間、フリッツ・クライスラーが1936年から45年まで使用していた1734年製ストラディバリウス「ロード・アマースト・オブ・ハックニー」を貸与されている。

この1月にはナタリア・ミルシテインの伴奏によるアルバム「Voices from Paris」をリリース。5月には、レオニダス・カヴァコスの代役に立ち、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートで協奏曲のソリストを務めている。

写真:Israel Philharmonic





関連記事

  1. ワシントン発 〓 ヨーヨー・マがロシア大使館前の歩道で独り演奏、ウクライナ侵略に抗議

  2. プラハ発 〓 プラハ交響楽団の次期首席指揮者にトマーシュ・ネトピル

  3. リスボン発 〓 ピアノのマリア・ジョアン・ピレシュが現場復帰を報告

  4. 訃報 〓 マーティン・ロヴェット(93)英国のチェロ奏者、アマデウス弦楽四重奏団のメンバー

  5. ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

  6. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  7. コペンハーゲン発 〓 デンマークも劇場閉鎖

  8. マンチェスター発 〓 空席だったBBCフィルハーモニックの首席指揮者にヨン・ストルゴールズ

  9. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年版の公式トレーラーをUP

  10. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルが新シーズンの開幕コンサート

  11. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

  12. ブルノ発 〓 ブルノ国民劇場がヤナーチェクのオペラ《運命》をライブ・ストリーミング

  13. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが宮本亞門新演出の《蝶々夫人》の上演を順延、スタッフに新型コロナの感染者出て

  14. ベルリン発 〓 作曲家のジョン・ウィリアムズが指揮者として今度はベルリン・フィルにデビュー

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。