ロサンゼルス発 〓 第63回「グラミー賞」発表

2021/03/15

アメリカ音楽界最高の栄誉とされる第63回「グラミー賞」の授賞式が現地時間14日(日本時間15日)、ロサンゼルスで行われた。

グラミー賞は84のカテゴリーで受賞作が選ばれるが、カテゴリ73から82がクラシック音楽の分野。また、別枠の「特別功労賞生涯業績賞」がアメリカのメゾ・ソプラノ歌手、マリリン・ホーン(Marilyn Horne)に贈られた。ホーンは87歳。

今年の授賞式は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1か月半延期された上、会場の人数制限、アーティストのマスク着用と、異例のスタイルで行われている。

<最優秀現代クラシック作曲>
 ラウズ:交響曲第5番
  ジャンカルロ・ゲレーロ(指揮)
  ナッシュビル交響楽団


<最優秀クラシック・コンペンディアム>
 マイケル・ティルソン・トーマス:アンネ・フランクの日記から、リルケの瞑想
  マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)
  サンフランシスコ交響楽団


<最優秀ボーカル・ソロ>
 スマイス:ソプラノ、バス・バリトン、合唱と管弦楽のための交響曲《刑務所》
 サラ・ブレイリー(ソプラノ)
  ジェイムズ・ブラッチリー(指揮)
  イクスピアリメンシャル管弦楽団&合唱団
  ダション・バートン(バス・バリトン)


<最優秀器楽・ソロ>
 クリストファー・テオファニディス:ヴィオラと室内管弦楽のための協奏曲
 リチャード・オニール(ヴィオラ)
  ディヴィッド・アラン・ミラー(指揮)
  アルバニー交響楽団
  チー・ユン(ヴァイオリン)


<最優秀室内楽-小編成>
 現代の声
  パシフィカ弦楽四重奏団


<最優秀合唱>
 リチャード・ダニエルプール: ヨシュアの受難曲
  ジョアン・ファレッタ(指揮)
  バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団
  ヒラ・プリットマン(ソプラノ)
  ジェームズ・K・バス(バリトン)


<最優秀オペラ録音>
 ガーシュウィン:歌劇《ポーギーとベス》
  エリック・オーエンス(バス・バリトン)
  エンジェル・ブルー(ソプラノ)
  デイヴィッド・ロバートソン(指揮)
  メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団


<最優秀オーケストラ演奏賞>
 アイブス:交響曲全集
  グスターボ・ドゥダメル(指揮)
  ロサンゼルス・フィルハーモニック


<最優秀プロデューサー>
 デビッド・フロスト


<最優秀エンジニアリング・アルバム>
 ショスタコーヴィチ:交響曲第13番《バビ・ヤール》
  リッカルド・ムーティ(指揮)
  シカゴ交響楽団


写真:Marilyn Horne Museum and Exhibit Center


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場の舞台が故障してセミ・ステージ上演に

  2. サヴォンリンナ発 〓 フィンランド政府が500人を超えるイベントを禁止、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは中止に

  3. ベルリン発 〓 セバスチャン・ジャコー、ベルリン・フィルの首席フルートに

  4. コペンハーゲン発 〓 ルイージが「ドイツ・グラモフォン」からニールセンの交響曲全集

  5. パリ発 〓 ニコール・カー、エティエンヌ・デュピュイ夫妻がフリーのアーティストを支援するファンドを設立

  6. シュトゥットガルト発 〓 州立バレエが音楽監督を解任

  7. ミラノ発 〓 スカラ座の合唱団メンバーから陽性反応、新型コロナウイルス

  8. 訃報 〓 エディタ・グルベローヴァ(74)スロバキアのソプラノ歌手

  9. シアトル発 〓 トマス・ダウスゴーがシアトル響の音楽監督を突然辞任

  10. カンザスシティ発 〓 カンザスシティ響の首席指揮者にマティアス・ピンチャー

  11. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  12. 訃報 〓 アンネローゼ・シュミット(85)ドイツのピアニスト

  13. ベルリン発 〓 レコード賞「オーパス・クラシック」授賞式がコンツェルトハウスで

  14. ラス・パルマス発 〓 グラン・カナリア・フィルが首席指揮者兼芸術監督のカレル・マーク・チチョンとの契約を延長

  15. ミラノ発 〓 スカラ座が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。