ウィーン発 〓 カミラ・ニールンドに国立歌劇場の「ロッテ・レーマン メモリアル・リング」

2022/11/15

時代を代表するソプラノ歌手に代々受け継がれてきた国立歌劇場の「ロッテ・レーマン・メモリアル・リング」がフィンランドのソプラノ歌手カミラ・ニールンド(Camilla Nylund)に授与された。ニールンドは9日夜、ウィーン国立歌劇場のリヒャルト・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》に出演、公演後、ステージで授与式が行われた。

リングは1955年、二度の世界大戦の間に歌劇場の名声を高めることに貢献したソプラノ歌手ロッテ・レーマンの功績を称えるため、ウィーン国立歌劇場独唱者協会が歌劇場に寄贈、レーマンに贈られたもの。以後、時代を代表するソプラノ歌手に受け継がれてきた。

レーマンが1976年8月に亡くなった後、レオニー・リザネクに引き継がれ、リザネクは後継者にヒルデガルト・ベーレンスを指名。2009年にベーレンが亡くなった後はヴァルトラウト・マイヤーが引き継いだ。協会の規約改正で、マイヤーに授与されてから10年が経過したことから、後継者の選定が進められていた。

ソリスト協会会長のハンス・ペーター・カンメラーは「カミラ・ニールンドはその光り輝く柔らかい音色の素晴らしい特質を失うことなく、純粋にリリカルな声を一貫して繊細に発展させてきた」と述べている。

ニールンドはフィンランド西部ヴァーサの生まれの54歳。トゥルク音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院で学び、ドレスデンのザクセン州立歌劇場の専属歌手などを経て、世界各地の歌劇場で出演を重ねてきた。

国立歌劇場デビューは2005年で、リヒャルト・シュトラウス《サロメ》のタイトルロールを歌っている。2019年6月に歌劇場から「宮廷歌手」の称号が贈られている。


関連記事

  1. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  2. グラフェネック音楽祭 〓 開幕コンサートの指揮台に佐渡裕、幕開けは細川俊夫の新作ファンファーレ、ヴェルディのレクイエムは急きょ“合唱なし”

  3. 大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

  4. ザールブリュッケン発 〓 指揮者のインキネンがザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルとの契約を延長

  5. ブレゲンツ音楽祭 〓 2022年の公演ラインナップを発表、湖上ステージの《蝶々夫人》以外に《アルジェのイタリア女》、《アルミーダ》、《シベリア》を上演

  6. キール発 〓 市立劇場の音楽総監督ベンジャミン・ライナースが2023/2024シーズンをもって退任

  7. 大阪発 〓 大フィルがクラウドファンディングで“朝比奈隆秘蔵スコア”のレプリカをリリース

  8. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  9. アムステルダム発 〓 ミラノ響のコンサートで気候変動活動家が抗議の叫び、演奏が中断

  10. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  11. モスクワ発 〓 ドミンゴもボリショイ劇場での今後の出演見合わせ

  12. サンフランシスコ発 〓 カーテンコールでプロポーズ、結果は大成功!

  13. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  14. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラ・バレエの次期音楽監督にエドワード・ガードナー

  15. ボローニャ発 〓 市立歌劇場が2022年の公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。